車内の化粧は誰に迷惑なのか?

色々紛糾している東急電鉄のマナー啓発広告について思ったことが色々あったので書いてみます。

車内の化粧は誰に迷惑なのか?

 電車内で化粧をする女性を「みっともない」という言葉で切って捨てるマナー広告が物議を醸している。

 現物を見てみよう。
 炎上しているブツは、リンク先のページ(私の東急線通学日記)の上から4番目、「車内化粧篇」だ。

 リンク先には、駅貼りポスターと、動画バージョン(マナーダンス篇)が掲載されている。

 ポスター版では、上半分に頬杖をついて車両内を観察する主人公の女の子、下半分に電車の座席に座って鏡に向かってアイメイクをしている女性の写真を配置している。

 キャッチコピーは、手書き文字でこう書かれている。
 「都会の女はみんなキレイだ。」
 「でも時々、みっともないんだ。」
 動画版は、車両の向かい側の座席で化粧をする女性たちを見て、顔をしかめて
 「みっともな!」
 とつぶやいた(「吐き捨てた」と言った方が正確でしょうね)主人公の女の子が、突然メイクアップ中の女性たちに向かって「マナーダンス」という攻撃的な振り付けのダンスを踊り出すプロットだ。

 ダンスのBGMで流れる音楽には歌詞がついている。内容は
 「教養ないないないなーい。みっともないないないなーい」
 と、化粧する女性を断罪するコーラスだ。

 この広告を見て、ツイッター上には、かなりの数の女性が反発のコメントを書き込んでいる。

 「ポスターの中で化粧をしている女性は、隣に誰も座っていない空いた車両でメイクをしているんだけど、いったい誰に迷惑をかけているわけ?」
 「女性だけに『たしなみ』を求める姿勢がなんかいけ好かない」
 「こういうマナー広告って、新手の嫁いびりよね」

 なるほど。
 私個人も、この広告の押し付けがましさには、ちょっとあきれた。

 ちなみに、車両内で化粧をすることの是非そのものについては、一概には言えないと思っている。
 迷惑な場合もあるし、迷惑に感じないケースもある。
 同じメイク作業でも、迷惑を感じる人もあれば、まったく気にしない人もいるはずだ。

 実際には、車両がどの程度の混雑度なのかによって、化粧から受ける感じはかなり違う。また、化粧とひとくちにいっても、口紅を塗り直す程度の最低限の化粧直しもあれば、下地から塗り上げにかかる本格的な建築工程もある。どの状況でどういうメイクをするのかによって、判断は分かれる。

>うーん・・・別に口紅を軽く塗り直す位なら何とも思いませんが、満員電車でファンデーションをパタパタやられたり、マスカラをつけていると周りの人に迷惑をかけることになります。なぜなら電車がポイント通過やブレーキで激しく揺れてよろめいてカバンや膝が当たったらキレられかねませんし、服を汚される恐れがあるので化粧している女性の前には立ちたくないです。横に座っている人にもマスカラの粉やら何やらが飛んで服を汚しかねませんし。今まで一番ひどかったのはマニキュアを車内でする女性、臭くて最悪でした。 :-D

>とりあえず、周りの人を汚したり臭いをばらまく恐れがある以上、化粧を満員電車でやるのは周囲にとって迷惑に違いありません。電車を降りてから化粧室でやればいい話ですし、緊急出勤などで止むを得ずというのならともかく、寝坊してギリギリだからなど自身の都合でしているというのであればただの空気の読めないワガママでしょう。

(中略)

続きを読む