疑惑のデパートどころかドンキホーテ状態の舛添都知事の痛すぎる韓国愛www

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

舛添都知事“韓国優遇”内部資料 都有地貸し出しで新事実 夕刊フジ独自入手

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160519/dms1605191140004-n1.htm

東京都の舛添要一知事(67)が、旧都立高校を韓国人学校増設のために韓国政府に貸し出す方針を決めた問題で、注目すべき新事実が明らかになった。都の外国人学校に関する資料を夕刊フジで独自入手したところ、韓国人学校の充足率は100%未満だが、英国人学校など3校が定員を大きくオーバーしていたのだ。「政治とカネ」の疑惑だけでなく、舛添氏に「韓国優遇」との批判が高まる可能性がありそうだ。

夕刊フジが入手したのは、都生活文化局私学部が3月25日付で作成した「都内外国人学校(認可校)の状況」という資料。26校が対象で、左上に【取扱注意】と記されている。

これによると、東京韓国学校(新宿区)の初等部(=小学校)は定員720人に対し、実際の児童数は707人で充足率は98%。同学校中・高等部も定員720人で、実際の生徒数は582人、充足率は81%だった。

一方、日本で唯一の英国人インターナショナルスクールである「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」(渋谷区、幼稚園・小学校)は定員300人で、実際の児童数は367人、充足率は122%。分校にあたる「ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和」(世田谷区、小学校・中学校・高校)も定員385人で、児童・生徒数は501人、充足率は何と130%に達していた。

他にも、充足率108%という外国人学校が1校あった。いずれも、2015年5月1日時点の実数という。

(中略)

続きを読む

文春の舛添都知事の記事www

masu

・緊急防災無線、ヘリポート、ポリスボックスが無く、災害発生時などの非常対応が物理的に不可能な湯河原に毎週末公用車で入り浸り

・公費を使って会議名目で竜宮城スパホテル三日月で正月にゴージャス家族旅行37万1100円也

・近所の高級天ぷら屋での家族の飲食代5万2千550円を公費で落とす

・近所のイタリア料理店で19万6761円公費で落とす

・湯河原の回転寿司屋で4万7千310円を公費で落とす

・美術品を備品として900万円購入

・趣味の書道のための画材を新宿の世界堂で大量お買い上げで178万4千154円也

・子供の床屋代すら経費で落とす

・子供用マンガ(クレヨンしんちゃん)も公費でお買い上げ、クレヨンしんちゃんに関する陳情があったから読んでみたと苦しい言い訳

・政治資金で自著を沢山お買い上げ、印税美味しいです

→質問状を送ったら「全て法的に適切に処理しています」との回答

どう見ても1000万円を軽く超える政治資金規正法違反(虚偽記載)です、本当にありがとうございました。

あとは、超ドケチで有名で、知事就任時に東京都の職員に「飯おごってやるよ」と言ってマクドナルドへ連れて行ったという伝説も紹介されておりました。しかも家にクーポンがあるからと職員に家へ取りに行かせるという吝嗇ぶり。

元々嫌いでしたが、これで完全に嫌いになりましたわ。とっとと逮捕されて二度と政界に戻ってくるな。 :-)

なお、政治資金規正法違反(虚偽記載)で逮捕起訴有罪となれば禁錮5年以下または100万円以下の罰金に問われる可能性があります。