【書評】「レッド1969~1972」 5巻 [山本直樹 著]

レッドの5巻はアマゾンのレビュー評価が低い巻なのですが、個人的には結構好きな巻です。

山本直樹氏の作品の特徴として、何気ない中継ぎシーンの静止画的なコマ割りが非常に美しく表現力に富んでいる事が挙げられるのですが、本巻の冒頭ではそのコマ割りの美しさが際立っています。

RED43
RED44

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 1巻 [山本直樹 著]

ここ二週間、連日書籍の電子化(自炊)と廃棄を繰り返して荷物を圧縮しているのですが、読みなおして面白かったものを紹介して行きたいと思います。

今回は「レッド1969~1972」の1巻を紹介させて頂きます。

本作は、連合赤軍の山岳ベース事件や浅間山荘事件を題材にした半ドキュメンタリー作品です。

私の世代からすると只のキ○ガイ達が「お上に逆らう俺ってナウでヤングでカッコイイ」的なノリで機動隊に向かって爆弾を投擲して吹っ飛ばしたり、銀行で包丁を突きつけ、ライフルをぶっ放して金を強奪して暴れ回るという、今の時代にはありえない濃密で真っ赤な狂気を感じさせてくれる団塊世代の青春を描いた作品です。

主人公たちは毛沢東思想に染まった「革命者連盟」と石原莞爾の最終戦争論の鬼子とも言える「赤色軍」に所属する団塊世代の量産型大学生やそのOBで、高度成長期に比較的裕福な家庭で育った若者です。アメリカのヒッピーやベトナム反戦運動、公民権運動やジェンダーフリーといった当時のナウな思想を取り入れつつも、別に徴兵されてベトナム送りにされるわけでもなく、食うや食わずで生きるためにゲリラ化するような状況でもない中、「革命ごっこ」に明け暮れる極左活動家の姿を濃厚かつ鮮明に描いた作品と言えるでしょう。

主人公たちは権力(警察)に追われながらも内輪で高邁な共産思想をこね回して内紛や権力闘争を繰り返すだけで、現実的な革命プランが有る訳でもなく、直接敵対関係にある権力(警察)に対して無計画な襲撃を行うだけ(それも殆ど失敗や返り討ちに遭って戦力を失うだけ)で追い詰められた挙句、味方同士での殺し合いや処刑、リンチを繰り広げる山岳ベース事件へと発展していきます。

とかくやっている事が「全身全霊をかけたキ○ガイ」としか言い様がない狂いっぷりが清々しく、「赤色バトルロワイヤル」とでもいうべき作風を醸し出しています。

1巻ではまだ学生運動のノリで、男女入り混じった共同生活を送りつつのんびりと飯を食ったりタバコを吸ったり、ズコバコしたりとまだまだ呑気なお祭り騒ぎに毛が生えた程度の活動家ライフが描かれています。

が、2巻以降は机上の空論であった共産思想という名の「狂気」が徐々に実体化していく過程で次々と犠牲者が増えていくという「リアル」を見せつけていくという展開に・・・

RED02

と、面白い要素が山盛りのこの作品なのですが、専門用語が多くて難解な部分が多いので、私なりに解釈した用語を以下に解説してみました。

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 2巻 [山本直樹 著]

RED04

きのうはおたのしみでしたね

から二巻はスタートします。

今回は二巻の中で彼らが犯した罪とその量刑を並べてみたいと思います。

RED05

・本屋で専門書を万引きし古本屋で売り飛ばす。

窃盗罪:10年以下の懲役又は50万円以下の罰金

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 3巻 [山本直樹 著]

3巻より革命者連盟では脱走者が出始め崩壊の兆しを見せるようになり、赤色軍では懲罰的な規律が強化されることにより後の壮絶なリンチの下地が出来上がっていきます。

RED16

革命者連盟の山入りの理由は、警察に徹底的に追い回されて都市部ではまともな活動ができなくなりつつあった事と、勾留中のリーダーからの山へ篭もれとの暗示があった事と、第二次大戦中のフランス対独レジスタンスを模倣しての発想なのですが、日本がGHQに占領されていて国中で反米運動が暴発しているような状況ならともかく、ごくごく限られたシンパ以外日本国内に味方はおらず、食うにも困る状態で、たかが20名足らずのメンバーが警察から全力で追い掛け回されて続々お縄になっている状況で山岳ゲリラをやろうだなんて頭が沸いているとしか思えません。

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 4巻 [山本直樹 著]

赤色軍は4巻でも今日もニコニコ現金強盗で暴れまわっています。

RED24

シンパから横流しされた猟銃も手に入れ、強盗にも慣れてきたせいか油断が生まれ・・・

RED25

金はろくに取れないわ、通報ボタン押されるわで大失敗 :-(

RED26

しかも遺留品から足がつくというオマケ付き。

続きを読む