【書評】レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(1)

さて、今回は読むのも精神的にキツい「レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ」をレビューしていきたいと思います。

八巻で伊吹が総括中に意識混濁の中「すいとんすいとん」とツィードした事が発端で受けた凄惨なリンチの末殺されたところから本巻は始まります。

現在の総括対象者のステータスは以下の通り

伊吹  :リンチの末、死亡     
薬師  :リンチされた上、屋外緊縛プレイ
黒部(一):リンチされた上、屋外緊縛プレイ
高千穂 :総括中
天城  :総括中
磐梯  :総括中
神山  :総括中
岩木  :総括中

かくして薬師と黒部一郎は屋外で緊縛プレイされていました。

横でシュラフに包まっているのは、監視役の霧島です。

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 8巻 [山本直樹 著]

「レッド1969~1972」も形式上の最終巻を迎えます(続きはタイトルを「レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ」に変えて続刊中)。

この巻は、北のオヤジがスター○ンやポル・○トや毛○東のように共産主義の殺意の波動に飲み込まれる瞬間が見られます。

狂気のクライマックスの始まり、そして戦後新左翼の終わりの始まり、それがこの8巻です。

RED_8_02

とりあえず、北のオヤジによるいつもの難癖リンチ伏線発言から。

この辺りから、やたら仲間同士の殴り合い・決闘をさせたがるようになる彼ですが、後述のように彼自身は相当なヘタレ革命家です。

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 7巻 [山本直樹 著]

RED07_01

続いて7巻のレビューです。

表紙からして嫌な予感しかしませんが、この巻の内容を一言で言うと

「日本語でおk」

です。

北のオヤジがひたすら冗長に常人には意味不明な共産主義理論を語るため文字が多い多い。

1ページあたりの文字数で言えば漫画界でも最強クラスだと思います。

続きを読む

【書評】「レッド1969~1972」 6巻 [山本直樹 著]

この巻より陰惨さが非常に増してくるため、レビューを見送ってきたのですが、リクエストがあったので続きを書く事にしました。

6巻はある意味「(キチ○イエクストリーム・スポーツ的な)大学のサークル活動」が終焉する節目となる巻です。

RED06_01

山岳ベースで腕相撲大会をしてはしゃぐ武装革命サークル部員達。これに酒と花火とヤリ部屋があれば完璧です。

RED06_03

決勝でだまし討で勝利をおさめる処刑予約番号13番の白根さん。このように革命者連盟は女の方が機転が利いてフットワークの軽い人間が多いのですが、彼女らの大多数は殺されるか脱走するかの二択の運命を辿ります

RED06_02

こうして楽しく談話している姿に処刑予約番号を重ねあわせると不吉な予感しかしません。

続きを読む