ミキティ解体新書 その3 「死ぬほど努力したら本当に死んだ」

その3は、いよいよ踏み込んではいけない領域へと踏み込んでしまったミキティの暴走が止まらなくなります。

watami2_17

私の偏見かもしれないのですが、有機素材やオーガニックショップって、大体悪評ぷんぷんな新興宗教団体の近くによくあるんですよね。家の近くだと某火祭のA宗直営の店とか。そういや風評被害量産マンガ美味しんぼもオーガニック狂いでしたねぇ・・・

続きを読む

ミキティ解体新書 その2 「夢という名の残酷物語」

watami2_01

ミキティ解体新書その2はつぼ八傘下からの離脱と独自ブランド「和民」の立ち上げを始めたところから始まります。離脱自体は石井氏を追放した後の混乱も有り、ブランドイメージの低下を恐れたイトマンがすんなりと認め、白札屋のような大火傷にはなりませんでした。

そして、この離脱で何が起きたかを列挙していきましょう。

ポイントその1:店舗の撤退や改装にはかなりのコストがかかった(つぼ八→和民への改装費用は一店舗2000万円とかなり高額)

ポイントその2:セントラルキッチン(つぼ八の場合クックチル・フリーズ、つまり給食センターのような食品工場での一括調理とパッキング、冷凍冷蔵のまま店舗へ配送)方式をやめ、店舗調理へと切り替えたため、厨房機材の追加が発生し、切り替えコストが嵩むことに。場合によっては厨房スペースの拡張も必要になるので、そうなったらもう大出費。

watami2_02

ポイントその3:セントラルキッチン方式を止めて現地調理に切り替えた影響で、オペレーションの大幅な変更及び工場が受け持っていた調理業務分の負荷増大、冷凍食品の使用が減ったことにより材料ロスが増大。

続きを読む

ミキティ解体新書 その1 「計画系復讐男子ミキティ」

色々世間で叩かれているミキティさんですが、批判だけしても面白く無いので、どうして彼がこうなってしまったのかを、擁護派、批判派双方の意見を見つつ俯瞰してみる事にしました。

批判書としてはコレを。

擁護というか自伝的なアレはコイツを参考にしました。

当然古本で買いましたよ!彼に印税が入るのは嫌なので。

で、ミキティさんが言われていることをまずはまとめてみましょう

・苛烈な労働を社員に課して利益を吸い上げることしか考えていない
・独善的な価値観を上意下達で社員に押し付け、たとえ死人が出ても頑なに自分の非を認めない
・理想や夢の押し売りがもはや宗教レベルで薄気味悪さを感じる
・関わった業界が全てブラック化した挙句衰退するという「業界破壊魔」としての実績
・歯が浮くようなキレイ事を言う割には、お金と権力と女が大好きな俗物

これらはまー間違った批判ではないと思いますが、居酒屋業界内での相対的な評判としてはワタミは実はそれほど悪くなかったりします。

某転職サイトでの評点ではワタミは2.82点と、居酒屋チェーンの比較としてはモンテローザ2.59点、日本海庄やの大庄が2.58点、東京チカラめしで一瞬だけ有名になった三光マーケティングフーズ2.54点と2.5点台が多い業界としてはポイントは高めです。なお鳥貴族の3.26点には敵いませんが、そのあたりのメカニズムに関しては後ほど追って解説しましょう。

ということで、まずはどういう経緯でミキティがミキティになったのかを紐解いてみましょう。

watami01

「ミキティは何で経営者になろうとしたん?」

→親父がTVの製作会社を経営していたから。母親も別の会社を経営していたのでそういう意識が高かった。

watami02

「何でミキティ泣いているん?」

→母親が早世してしまい、父親の会社もあぼんして一気に落ちぶれたから。

ということで、この時点でミキティの心中に「社会への復讐」という意識が芽生えていきます。つまりミキティのモチベーションの根源は「憎悪」である訳です。

「絶頂からの落ちぶれ」を体験したがために、彼は勝ち負けに拘り、社会から落伍することを極端に恐れるようになるわけですね。これがひとつ目の節目となります。

続きを読む