モルガルデンの戦い(史実)

動画作成のため英語文献を漁ってみたのですが「狼の口」とは随分違う模様。

元々スイス自体が山岳地帯で平地に乏しく、細々と畑作と牧畜をしているゲルマン系やケルト系の農民達が協同組合的なゆるーい連合を組んで生活しており、その隙間に修道院の直轄地やら零細貴族やらがぽつぽついるような土地だった。

ハプスブルク家もローマ帝国崩壊後の世界で発生したスイスの片田舎の零細貴族の一つに過ぎなかった。

が、時代は進み1200年頃にザンクト・ゴットハルト峠の街道が(通行権などの利権と引き換えに)地元民の手によって開通。山間の僻地であったスイスが一気にドイツ-フランス-イタリアを結ぶ交通の要衝に化ける。

この影響でスイス北部の零細貴族の一つに過ぎなかったハプスブルク家はザンクト・ゴットハルト峠の開通による流通の発展で急増した通行税で大儲けし、大貴族へと躍進する。

そんなこんなで急速に商業と流通の拠点として発展していたスイスのウーリー邦は、元々ホーエンシュタウフェン朝フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)の直轄地だった。

神聖ローマ帝国はカトリック圏の中世ヨーロッパ王国のゆるーい連合体で、選帝侯と呼ばれる選挙権を持った王の選挙によって選出された「ローマ王」がローマに出向き教皇によって戴冠されることによって「神聖ローマ皇帝」になる(ただしローマ教皇と対立しているドイツ王は地元で勝手に戴冠することもあった)という春秋戦国時代の「覇者」に近い象徴的な権威であった。

春秋戦国時代よろしく選帝侯同士がドンパチやるのも当たり前で、王家同士の権力闘争のシンボル的な存在であった点も覇者と類似している。ただし、覇者と違う点としては「強い王が選出されるとは限らない」という点がある。ここは権力が「王権」と「宗教」の多重構造であったヨーロッパならではの事情がある。

これは日本での「幕府」と「朝廷」になぞらえると解りやすいと思う。

で、皇帝になるには「選挙に勝ってローマ王になる」「ローマ王がローマに出向くorローマを支配下に置く」「ローマ(対立している場合は地元のカトリック教会)で教皇が戴冠してくれる」の3条件が必要なわけであり、2番目の要件を満たすには、ローマへの最短路であるザンクト・ゴットハルト峠の通行権は実質的な必要条件であった訳だ。

1211年にドイツ王に戴冠されたフリードリヒ2世は、イタリアや教皇勢力とドンパチをやっていたため戦費を調達する必要があった。そのためウーリーの自治権を質草にハプスブルク家から金を借りてしまった。

勝手にハプスブルク家にドナドナされたウーリーの住民は、交易で稼いだ資金で自力で自邦を買い戻し、教皇から離反し、皇帝を支持する代わりに強力な自治権のお墨付き(帝国自由都市の特許状:以下お墨付きと略)をGETする。ついでに隣のシュヴァイツ邦もどさくさに紛れて住民が皇帝支持を表明し、ちゃっかりお墨付きをGET。

シュヴァイツは一応ハプスブルク家の分家である教皇派のラウフェンブルク家の所領であったが、皇帝のお墨付きがついた事で、王手飛車取りでお墨付きを獲得して独立してしまった訳だ。

時代は下りハプスブルク家のルドルフ1世が神聖ローマ帝国皇帝に就任、婚姻を通じてラウフェンブルク家の所領をもルドルフ1世相続したため(ドサクサに紛れて独立された)シュヴァイツの領有権を主張するも、特にシュヴァイツを制圧するわけでもなく放置プレイの状態が続いた。

その息子のアルブレヒト1世の代になると、その豊富な資金をバックにした好戦ぶりと強圧的な統治姿勢を警戒したシュヴァイツ、ウーリー、ニートヴァルデンがリュトリの野において「盟約者同盟」を結成、更にニートヴァルデンの隣のオプヴァルデンがハプスブルク領から勝手に離脱を宣言し合併し、ウンターヴァルデンとなった。

これは単独の邦が独立宣言しても各個撃破されるだけなので、すでに独立している自治領と連合してしまえば存在があやふやなままハプスブルク家も簡単には手を出せなかろうという姑息な拡張戦略とも解釈できる。

ここまで好き勝手自分の領土で独立やら同盟やらをやらかされてアルブレヒト1世は怒り心頭かと思いきや、オーストリア方面への積極的な勢力拡大や本拠地のウィーンへの移転といった施策が裏目に出て、ボヘミア、ハンガリー、盟約者同盟による包囲網や地方反乱や何やらの鎮圧に奔走する羽目に陥いる。

ついにはベルンやチューリヒなどの市民連合軍により1291年12月25日にハプスブルク家の実家であるザールネン城が破壊さるなど好き放題地元を荒らされる。

が周りが敵だらけで結局手が回らず、結局1292年4月13日にチューリヒ市民軍を撃破して市民連合軍を解体する程度の事しかできず、盟約者同盟の自治は実質黙認状態だった。

周辺国とのドロドロの戦いの末、アルブレヒト1世は何とか神聖ローマ帝国皇帝の座に収まるも、叛乱だらけのスイスを制圧しに行く途中で、以前から金銭トラブルのあった甥に暗殺される。つくづくスイスに祟られている一族である。

次の皇帝は、強大化したハプスブルク家を警戒した諸侯が零細王国ルクセンブルク伯ハインリヒ3世を選出するが、ハインリヒは戴冠式をローマで行うため、ローマへの道中(ザンクト・ゴットハルト峠)を実質的に支配している盟約者同盟に自治権のお墨付きを与えてしまった。

こんな事をされて不愉快極まりないのはアルブレヒト1世の息子のフリードリヒ3世と弟のレオポルドだ。1313年にハインリヒ3世が死去すると、フリードリヒ3世と(バイエルン公)ルートヴィヒ4世は帝位争いを開始。盟約者同盟はフリードリヒ3世が皇帝になってしまったら自治権を剥奪されかねないので、即座にルートヴィヒ4世を支持した。これによって両者の緊張感は一気に高まった。

そんな不穏な空気が流れる中、シュヴァイツ邦とハプスブルク家が後ろ盾についているアインジーデルン修道院が放牧地への経路の権益争いで小競り合いを始める。1314年1月にはシュヴァイツが修道院を襲撃、略奪・暴行を行う。これに怒ったというか口実にしてハプスブルク家が軍隊を出動という流れ。

盟約者同盟・・・あんたら・・・結構なクズだよ・・・

なおアインジーデルン修道院は当時はこんな立派な修道院ではなかったようです。(近代になるまで火災に何度も亡失したあたり多分木造の質素な建屋だったのでは)

でもって出陣前のレオポルド曰く「壁のような山に囲まれた盆地に住む百姓どもを徹底的に粉砕して二度と反抗する気が起きないようにしてやる」

アンタも十分クソです。 :-)

で、戦闘の詳細を記した資料が日本語では見つからなかったので、英語資料を漁ったところ、最新の発掘調査結果を反映した資料を発見。

http://www.medievalhistories.com/the-battle-of-morgarten-1315/

この資料を翻訳したところ、狼の口とは全く異なる史実の戦闘の実態が判明しました。

On November 15th, the Duke and his forces left the city of Zug intending to attack the canton of Schwyz.

(1315年)11月15日、レオポルド皇弟と麾下の軍はザグを出発し、スイス同盟軍を攻撃に向かった。

One legend about the battle states that an Austrian knight, believing that his side was so superior to the Swiss peasants, actually shot an arrow to the enemy camp carrying a message saying that they would be marching through Morgarten and that the peasants should just flee.

オーストラリア騎士の伝説によれば、彼らはスイスの百姓よりもハプスブルク軍側の方が戦いに優れていると信じていており、農民軍の陣地に「モルガルデンを通過するから来たらとっとと逃げろ」と矢文を打ち込んだ。

Once scouts had reported that the Austrians were coming Werner Stauffacher ordered most of his soldiers to take cover along a wooded ridge and wait for the Duke to come along the narrow road by Lake Ägeri, where they soon found it blocked by a wall. Becker writes:

※進軍路が狼の口とは真逆という点が最大の違いです。戦場も湖畔ではなく山中の隘路

偵察兵がハプスブルク軍の接近を報告を告げ、古スイス連邦はレオポルドが通過するであろうエリー湖の傍らの隘路にバリケードを構築し、その周辺に伏兵を潜ませた。

The entire vanguard was forced to halt, yet the center and rear of the army continued to move forward oblivious to the problem ahead.

ハプスブルク軍の先鋒はこのため進軍停止を余儀なくされた。しかしまだ中軍と後軍は先頭で何が起きているか気づかぬまま前進し続けた。

The result was that the entire Austrian army became locked in a bottleneck.

その結果、ハプスブルク軍は身動きが取れなくなった。

Furious, that his march was halted, the Duke ordered the wall stormed—probably by dismounted knights, since his infantry were in the rear of the army.

レオポルドはそのバリケードを即座に破壊するよう命令した。ーおそらく下馬した騎士たちや後方にいる歩兵達まで。

Just as the knights began climbing over the roadblock, a shower of boulders and tree-trunks came rolling down the slope on the knights’ right flank.

騎士たちがバリケードを乗り越え始めたまさにその時、岩や丸太が騎士たちの右側面から雨あられと転がり落ちてきた。

The dismounted knights ran for their lives, but as Winterthur tells us they were caught like “fish in a net and were slaughtered without any resistance.

下馬した騎士たちは生き残ろうと逃げ始めたが、盟約者同盟(の代表者)が「お前らは網にかかった魚と同じだ。これから一人残らず屠殺する」とハプスブルク軍に向かって宣告した。

” Eliminating the vanguard on the narrowest part of the pass, the attack of the forest cantons had cut down most of the aristocrats.

隘路に押し込められたハプスブルク軍の先鋒は虐殺され、森林同盟軍よって多くの貴族が斬り殺された。

The horses of those behind were thrown into confusion as their riders, knowing that they could not charge uphill, attempted to turn their mounts.

後方に居た騎馬隊は斜面に突撃することも出来ず馬も人も大混乱に陥いりながら、必死に方向転換をしようと試みていた。

The entire mass of knights was now pinned between two sheets of rock on the sides, and their own packed forces and a lake below them.

だが騎馬隊の一団は密集した味方と下の湖と両面からの投石によって挟まれ身動きが取れなかった。

They were thrown into panic. Then, suddenly, movement was spotted from above: a huge body of halberdiers in dense column began rolling out from the woods and down from the ridge.

彼らはついに恐慌状態に陥った。その時、斜面の森から多数のハルバード兵の集団が現れ、峰を駆け下りながら襲い掛かってきた。

Swiss pelters went before them unleashing avalanches of rocks, while the powerful Swiss halberd column rammed into the Austrian flank slashing and thrusting.

勇猛なスイスのハルバード兵がハプスブルク軍に横槍を入れている間、スイスの投石兵は後に続いて駆け下りながら雨あられと投石を浴びせかけた。

The moment is captured by the illustrator of Bendict Tschlachtlan’s 1493 chronicle Die Schlacht am Morgarten.

戦闘結果:

ハプスブルク軍 9000名→壊滅(騎士2000騎ほぼ全滅、バイトの歩兵は逃散)

盟約者同盟 1400名→ほぼ無傷

 

その後も数で勝るハプスブルク軍を包囲殲滅したり騎士と正面から殴り合って撃破したりと鬼っぷりを近世に至るまで発揮。

ヨーロッパの鬼島津ですわ・・・これ。

スイス恐ろしや。

モルガルデンの戦い(史実)” への9件のコメント

  1. 狼の口読んでみました。おもしろかったです。主人公?と思われるキャラからフェードアウトしていくスタートからいい意味で裏切られる作品でした。
    進撃路逆でしたか、山中だったら水中での戦いとその後のくだりがなくなるので盛り上がりに欠けるからかな。

    • 動画の方を作っていて一番苦悩したのが、史実とフィクションの狭間ですね。
      あまりツッコミをいれるのも野暮だと思いつつ、前編ではツッコミコメント多数が寄せられたのでそちらにシフトしたという経緯もありますので。

  2. スイスは今に至るまで
    「うちの国と国民が良かったら他の国なんぞどうでもええんじゃあ」
    を地で行く国ですからねえ。何もない所に国を築いて通り道にされない為には
    ここまでやらないと駄目という事なのでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)