ふるさと納税をしてみた

えー先週末より奥さんから貰い風邪を頂きまして、高熱を出して昨日まで寝込んでいました。火曜日はこなさなければならない仕事があったので無理やり出社したけどな!

替わり?んなもんいるかよ! :roll:

ということで、先日ふるさと納税と確定申告をしてきましたので、紹介まで。

 

私が納税したのは高地県の須崎市の

半年間毎月お届け!お肉づくしセット

5万円で1万円納税6回分と同等の商品を毎月発送してくれるというもの。

実質負担が2000円なのでこれはお得です。

初回は須崎葉にんにくのすき焼きセットのはずだったのですが、何故か来たのは2回目でした。

なお、実際の小包を開けるとこんなのが詰まっておりまして、下には葉にんにくの密封パックがもっさりと入っておりました。

で、すき焼きにしてみたのですが・・・

ツッコミどころは

「肉が北海道産」

な点でしょうか。

あと、葉にんにくが多すぎでエラい事になりました。

半分は炒め物にでも回せば良かったです。

翌日全身から漂うニンニク臭が凄かったですし・・・ :cry:

そして本来二ヶ月目のはずの「四万十こめ豚」チャーシュー800g

かなり食いでがありました。

味はスーパーで売っているような物と比べ、かなり本格的なチャーシューという感じでした。

なお、須崎市を選んだのは、どうせ活用するなら、この制度の趣旨になるべく合わせようと考えた辺りがあります。

要はふるさと納税って「金のある都市部の税収を地方に回す」「交付税のようなバラマキではなく、返礼品を寄付者に送付することで、その地域の産業振興にもつながる」が趣旨のはずなので、

「平均所得と人口が少ない自治体」かつ「地元産業と連携した返礼品」でチョイスしました。

換金目的の納税者に金券を配る自治体も出てきたりと、最近では本来の意味を逸脱しているお陰で↓こんな事になってしまいましたしね。ま、「要請」なのでどこまで強制力が働くは疑問ではありますが。

ふるさと納税の返礼品は3割まで プリペイドカードは禁止 総務省が自粛要請

私が行った僻地の中から(寂れ方が)ヤバいと思った地域を中心に世帯年収マップを見て「年収300万円以下世帯が50%以上」を探してその中から我が家で消化できそうな物を選びました。大量の野菜や芋数十kgとか貰っても困りますし・・・ :lol:

ちなみに、世帯年収がぶっちぎりで凄かったのは「高地県室戸市」300万円以下世帯が何と70%!

最初は室戸にするかとも思ったのですが、ちょうどいい額や量の物がなくて断念。

マグロとカツオの定期便は魅力だったのですが・・・中トロ1kgとかちょっと・・・ :lol:

 

ということで、地元の野菜や豚肉を贈ってくれる須崎市に落ち着いたわけなのですが、ここも300万円以下世帯が55%とかなりのモノ。以前レンタカーで旅行したときにも海から山がすぐ迫っていて平地が全然無く、海岸近くの僅かな平地や谷間に畑や田んぼがチョロチョロあるだけで商業施設はたまにあるホムセン以外皆無というなかなかの地勢だった記憶があります。

納税にあたっては、用途も指定できるのですが、教育、子育て支援に用途を指定しておきました。

今回ふるさと納税を始めたのは、マイナンバーカードとe-Taxでの確定申告が自宅でも簡単にできるようになった点が大きいです。

確定申告をしないと還付されないので、申告が面倒だと思って二の足を踏んでいた方も、これを機にやってみたら如何でしょうか?

内容的には会社で使っている確定申告の入力フォームとほぼ同じでした。

しかし、収入がないと節税すらままならぬという世知辛い現実を見せつけてくれますよね、この手の制度って。住宅ローン減税もそうですが、ある程度金がある世帯が一番得をする仕組みになっていますし、低所得世帯はそもそも、還付するだけの税金が徴収されていませんし。

ふるさと納税をしてみた” への3件のコメント

  1. ぜぇがくこぉじょがないどー、かんぷきんがないよぉ、とかイチャモンつけてくる低所得者が続くと、ボランティアの相談会場でもイライラしてきますね。所得控除がガッツリ効いてるから、そもそも課税所得がないでしょ、だから課税ゼロなのよ、税額控除を考慮する以前に源泉徴収税額がないじゃない。そら還付になりませんわな。ハイ3時間行列したからといってもくたびれもうけだね、時間の無駄だしみなさんの邪魔だからとっとと帰ってちょうだい、なんてしょーじきに言い放ったら、バァさんにウソ泣きされて閉口したなー 

    • 還付金オレオレ詐欺に引っかかる層がどういう人たちか解ったような気がしました・・・

      • みょーにいじましいとゆーか、ケチで少額のモノにこだわるのよね。こういう老人たちは。あっちの店がじぅえん安かったどー、とかウワサして2、30分かけて歩いたりしますねー

        それにしても。いまの確定申告は商業高校レベルの一般的な生活の基礎知識があれば(日本語が読めて書ける、足し算引き算ができる、パソコンで入力作業ができる)サクサク作れるところまで簡単になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)