年収可視化マップ

強い「東京都」ブランド、郊外に集中する大阪

という「リッチマンの住む街、プアマンの住む街」という同しようもない副題の付いたシリーズでこんなマップが載っていました。

青が貧困、赤が富裕層、白が中間層って区分です。

東京は大体イメージ通りですね。北東の青さがヤバいですが、ほぼ予想通り、錦糸町南部に赤があるのは多分「風俗店オーナー」ですね。高校時代の華僑系の友人の親が錦糸町で風俗飲食店を何件も経営してこの辺りの素っ気ないマンションに住んでいましたし。

次いで名古屋ですが、中心部の中区と栄などの繁華街がある東部が高所得、中心部にコロニー的な貧困地域は存在しないというのは私も住んでいた時に感じましたね。

名古屋は金持ちは郊外に豪邸を構えてレクサスかクラウンで通勤するのがデフォなので、郊外に高所得層が集中するのも納得です。

で、最もヤバいのが大阪。

青多すぎィ :cry:

特にミナミの青さは絶望感しか感じません。

いやあ・・・あちらはどこまで歩いても貧困街って印象があったのがこうして統計で示されると何とも言えない気分になれますね。 :-(

(おまけ)

首都圏マップ更新しました。

年収可視化マップ” への7件のコメント

  1. 名古屋圏のカネ持ちは、そもそも通勤なんかしません。 屋敷にパシリを呼びつけます。
    通勤するのは公務員か会社員です。中間層ですねー

    • そういえば、市役所に所用があって平日に早引きしてチャリに乗って向かっていたらク○ウンにはねられて、乗っていた平服のハゲオヤジがブチ切れながら降りてきて、名刺よこせ!車が壊れていたら訴えるからな!と叫んでいましたねぇ・・・

      • あーそーゆー平服のオヤヂはたいてい下っ端ですね。クラウンのオーナーの旦那様にドヤされるのを回避しようとしてるのです。
        ちゃんとした旦那様はもっと鷹揚です。そもそも旦那様おん自ら運転なんぞしません。センチュリーの後ろ座席にどっかりお座りになってるものです。

        • 社用車の後ろに座ってどーんと構えているハゲオヤジですかね。
          うちの祖父を思い出して若干嫌なものを思い出しました・・・

  2. 年収マップに我が家が入っておらず…
    職場の昇進組は意外と赤色と相関高く、センスなのか努力なのか。

    南部市場あるMAD CITY初めて聞きました。
    リノベ物件がよい香りです。

    札幌転職考えているのですが、公務員以外サラリー安く、中心街は不動産高騰学校不足。
    市役所中途採用倍率半端なく。

    • MAD CITYはDQNの巣窟なのであまりオススメはできませんが・・・
      一部閑静な住宅街もあったりするので、そういう場所を選ぶには良いかと思います。近所の家に停めてある車がVOXYやヴェルファイアやいかにもDQN風味なミニバンや軽ワゴンでなければ大丈夫でしょう。というかかなりの率でそういう車が停まっているので、なかなか難しいと思いますが。
      札幌は同期が配属希望の時に「京都とか秋田とか美人がいる街がいい」と言ったら流刑にされ「観光はともかく、人が住む街じゃねえ」と雪かきや水道管破裂防止のための水抜きの面倒臭さに閉口して愚痴っていたとか何とか。
      あと、凍結した坂道では坂の手前で信号待ちしないと命の危険がとか言っていましたね。

  3. おはようございます。

    確かに車が分かりやすい指標ですね、ありがとうございます。
    近所にも我が物顔して走ってますよ。特に黄色ナンバーの軽ワゴンがタチが悪いです。ベルファイアに手を伸ばしたいけど、の層。

    感覚的に…SUVやティーダのような方々は安心でしょうか。丸みとDQNが逆相関というか。

    札幌は冬がしんどく、寒さと暑さのどっちを取るかと。ただ自然が近場にあり、渋滞嫌いな自分には魅力的で。

    最近、下町のウサギ戸建て売りがまた活発化しているような気がします。
    もうこれ以上家はいらないかと。
    本当にもったいないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)