ネイティブ東京人から見た大阪の構造的欠陥を語ってみる

「#大阪人が東京住みづらいって言う理由」が、大阪人にはあるあるすぎる

という記事を読みまして、4世代目のネイティブ東京人視点から大阪の問題点や構造的欠陥を考察してみました。

1.うどんの出汁が真っ黒で許せん

どん兵衛がよく槍玉に挙げられていますが、別に関西バージョンを通販で買えばいいのでは・・・それに讃岐や関西風うどん出す店なんて関東にはいくらでもありますし。

気に食わないなら関東バージョンのどん兵衛にヒガシマルのスープや創味の京風だしを入れればいいのではと思うのは私だけでしょうかね?お揚げのサイズも東バージョンは大きいですし、多分そちらの方がお得感ありますよ!

2.物価が高い、値切りに応じてくれない

そりゃ、個人商店だらけでバッタモンまみれの土地と比べられても・・・それと、大阪は物価は安いが給料も安い。最低時給が大阪では883円、東京だと923円と4.5%の差があります。平均年収に至っては2015年度のデータで大阪528万800円に対し東京は623万5400円と何と18%差。しかも大阪は大企業が少ない上に、何事にも徹底的に値切ってくるので、うちの会社も大阪の利益率がぶっちぎりで低いですよ

p2280016

私が以前何度か徘徊して回った印象としては「お互い首を絞めあってデフレスパイラルに陥りまくっている街」という印象でした。

p2280015

3.東京は治安が悪い

東京・大阪と比べるならば、大阪のほうが平均値としては数段悪いと思います。

東京は極端にガラの悪い足立区とかの鬼門エリアや鶯谷や吉原や西川口や池袋や六本木や五反田などの一部の風俗街や歓楽街が突出していますが、逆に言うとそれ以外は押し並べて安全と言えるでしょう。

p2280012

とりあえず、車上荒らしやひったくり、空き巣の件数が多すぎです。統計サイトをみても大阪は人口あたりの犯罪発生率がぶっちぎりの一位に君臨している事が解りますので、これは反論のしようもないでしょう。なお、田舎の犯罪発生率の低さ(特に東北)は立件されずに内輪で処理して陰湿な村八分で終わらせるという文化的な部分も大きいかと思います。

こういう荒んだ自販機はまず東京じゃお目にかかれません・・・電波系な自販機はたまに見かけますが・・・

p2280022

本当リアルブレードランナーですよねー大阪南部一帯って。

この鶯谷レベルのガラの悪さが大阪南部広域にまんべんなく展開されているのは、ちょっと東京では考えられません。東京のガラの悪い地域はDQN成分多めな所が多いのですが、大阪はDQN成分少なめでオッサン成分が多めって辺りが異なりますね。

日本橋の電気街も違法臭いDVD屋だらけで、まるで新橋の裏通りみたいなおっさん臭に満ちあふれていましたし、ちょっと次元が違う気がします。

 

4.東京人は冷たい、お笑いに対してのリアクションが薄い

これはもうセンスや文化の差としか言いようが無いかと・・・

スーパーのデザインにお笑いを求める文化は東京にはありませんし・・・

何というか・・・言い方が悪いかもしれませんが「デザインセンスが徹底的に洗練されていない」のが大阪的な街の特徴のような気が・・・

昭和風味全開な要素もあるのですが、レトロにもなりきれず・・・

何というか、コンセプトが子供っぽいというか洗練されていない。ネオン管を使うにしてももう少し香港風にしたり、風情を出せないものかと。うん、アレだ、子供っぽいけどおっさん臭がきっつい。これが本質のような気がします。

あと全般的に漂うバッタ物臭が洗練度の向上を妨げているのではと私は思います。派手な割にオリジナリティ要素が希薄な気がしてなりません。

あと、「人懐っこさが東京人には欠ける、冷たい」という批判に対しては「東京は地方民だらけで江戸っ子が殆ど居ないから、よそ者同士がフレンドリーになれるわけもないでしょ」って辺りですね。大阪人の人懐っこさは「地元民による仲間意識」が根っこにあると思うのですよね。

リアル江戸っ子なんか東京じゃ希少種扱いですし、うちの奥さんみたいなガチな浜っ子もなかなかの希少種です。本当、会社でも江戸っ子なんか殆ど居ませんから。

あ、でも金鳥や日清といった関西企業のCMのセンスは好きですけどね。

東京を「お高く止まりやがって」と言う前に、大阪魂×洗練でレベルを上げる努力をした方がいいような・・・

というか、向上心とか全然無いですよね、あの土地。向上心のある大阪人は東京に出てしまっているような気がしますし、そういう大阪人と話して「鶴橋とか天王寺とか飛田新地とかめっちゃ面白いじゃないですか」とか言うと「馬鹿にしてるだろ」と返されるのが定番。いや、アレが大阪の本質や個性とちゃう?と思うのですが、どうもネイティブ大阪人は変な意味であの文化を恥じているようで。

うーん、東京がガラの悪い下町文化を誇りにしているのと随分違うな~というかそこが明暗を分けているのかな~とか思ったり。

アドルフに告ぐなどの手塚治虫作品で登場する戦前の大阪は結構大正デモクラシーの香り深いハイカラな街という印象でして、実際当時のフィルムを見ても伝統的ななまこ壁の商家とモダンな近代建築が並立し、その間を円タクが駆け抜けるという独特のダンディズムとでも言うべき空気が漂う街なんですよね。

それが何でこんな風になってしまったのかは残念でなりません。

しかし、戦前の通天閣はレトロモダンで非常に美しい。コレを復活すれば相当な観光名所になると思います。

一方で現代の通天閣の「メカゴジラ」的な安っぽさがどうも私は受け付けません。

ということで、大阪は戦前のレトロモダンルネサンスを志向しては如何でしょうか。誰も金を出しそうにも無いのが最大の問題ですが。とは言っても行政主体でやるとアホみたいなセンスの欠片もない赤字垂れ流しのハコモノばかり作って終わりになりそうですし。ああ、そこが最大の問題か。 :cry:

 

5.東京の鉄道路線図がカオス過ぎる、並走路線が多すぎィ、東西南北方向に路線が走っていないィ

比較として出されている図がアンフェアなような気が前からしていたので実際の縮尺も併せて比較してみましょう。

 

大体批判のやり玉に上げられているのはこの広域路線図ですね。

で、この路線図がどのくらいの範囲を地図上でカバーしているかをざっくり見てみると、東京都と神奈川県の東側全域+千葉県の大半+埼玉県南部の一部をカバーしているという結論になります。

コレに匹敵する関西の路線図となると「京都・大阪・神戸近郊路線図」が該当します。

これは大体大阪、京都南部、兵庫東端部をカバーしている路線図です。同縮尺のマップを比較として出してみると以下のようになります。

首都圏に比べ、かなり狭いことが解ると思います。というか急勾配の丘陵地と平地混じりの土地が物凄い広域に展開していて、その間を無数の大河混じりの川が土地を分断している東京と、海沿いの狭い低湿地と山岳地帯で構成された大阪近郊では全く土地条件が異なるという点を無視しての批判ですね。

東京では東西南北方向に真っ直ぐ鉄道を真っ直ぐ通そうとすると勾配の関係上、地下鉄しか方法が無いですし、通したとしても丘の上の駅は物凄く深い場所にある駅にならざるを得ない、もしくは河川の架橋地点が限られるという宿命があるため、直線的な路線を断念せざるを得ないという制約はどうしようもありません。しかも中央部には「皇居」という広大な障害物もありますし。

並走路線については「大阪だって阪急、阪神、JRが(中途半端に)並走しまくっているやろが」というツッコミと、並走しても追いつかない首都圏の異様な旅客需要について是非とも一度ラッシュ時の痛勤列車を体感して頂きたいかと思います、ハイ。

 

こうして考えると大阪の欠陥は

・平地が少なく用水もすぐれないという工業地帯的に芳しくない地理的な制約

・良港に恵まれてはいるが、大阪+神戸でも東京湾に比べると4割程度の規模

・商業都市としても中途半端な都市計画と整備状況

・市内中心部が半ばスラム化しており、都市整備が全く進んでいない

・文化的に良く言えば庶民的、悪く言えば洗練されていない

・保守的で頑迷な一面もある一方で、悪い意味で合理主義で文化遺産を大事にしない

・巨大なローカル都市から抜け出せていない

辺りですかね。うまくすればいくらでも伸びしろの有りそうな場所だけに大変残念ではありますが、住民の意識が変わらない限りこのままジリ貧は免れないでしょう。

こう考えると結構京都人に近いんだな・・・と思ったりしました。

京都大阪が仲が悪いのはやはり近親憎悪か・・・ :-o

ネイティブ東京人から見た大阪の構造的欠陥を語ってみる” への15件のコメント

  1. 西日本人です。味付け等は完璧に西日本舌で東京の食い物はなんか何食べても口に合わないな~と思っている人間です。
    過去に東京にも大阪にも、その他大都市圏にも数回ずつ、北海道にも行ったことがありますが、大阪圏の異様さ、馴染めなさ、異国にいるかの如き落ち着かなさは自分でも不思議なほどです。本当に「日本とは思えない」と感じます。
    同じ関西圏でも神戸や京都ではそういった感覚は経験したことがありませんし、「大阪のどこがそんなに異様なのさ?」と聞かれても言語化できないのですが、とにかく異様で異質で落ち着かない、馴染めないという強い違和感を感じますね。

    • 食い物の味付けは関西風が好きな非国民的関東人ですが、まあ確かに味付けは関東ローカルフードはジャンクフード的な意味合いを除くとイマイチという気がしてなりません。蕎麦や深川丼は個人的に別枠ですが。
      ただ、関東でも関西風味付けの食い物はいくらでも食える(ややお高いが)という点は押さえておくべきでしょう。
      関西の地方都市は私も色々練り歩きましたが、ご指摘の通り大阪は異様な街ですね。特に自転車や自動車のマナーの悪さや文化的な洗練度の低さは他の地方都市と比べ異彩を放っているという印象が拭えません。

  2. 大阪はJRと私鉄の地下鉄と乗り換えにやたら歩く印象があります(各会社仲が悪すぎのような)、ややこしい人が多くて、値引きやらしんどい。
    東京はパズル何番でおりたら乗り換えがスムーズとか、あとラッシュは耐えられないです、超人を育成するつもりかとか思ってしまします。
    味覚に関しては広島人はだしの文化が関西に近いので大阪、福岡、静岡は合うのですが、関東は慣れが必要、そばは関東だしの食べ物という認識(慣れたらこちらの方がよい)、うどんは厳しい。
    愛知の味付けはもう外国という認識。

    • 難波とか酷いですもんね。
      大阪支社に行く際にどの難波駅を使えばいいか滅茶苦茶悩みましたし。
      あと中途半端な併走線も多すぎという印象があります。

  3. 生粋の江戸っ子の方と話をしてみたいと思った生粋の大阪人です。
    いつもみさせて頂いてます。おっしゃる事はほぼ当たってると思います。大阪発祥の大企業が逃げて行くのは、残念でもあり、当然な気がします。
    特に大阪の団塊の世代は正直タチが悪い方が多いですよ(笑)

    • いっそ大阪民国として独立を志向するとか・・・いや、冗談です。
      大阪の団塊世代は確かにこじらせていそうですね・・・

  4. ふたたびのコメント失礼します。
    生粋の江戸っ子には自分は憧れがありまして、その原点は浅田次郎さんの小説だったりするんですが、大阪に住んで居ながら、大阪人の気質には嫌になる事は度々です。
    独特のパチモン文化というか、目立ってナンボな面とか、目立ち方も決してカッコよくないんです。過去のサザエボン騒動なんかは、典型ですよね。始まりは大阪の十三あたりからでしょう。
    ただ、大阪の中の人から見て感じるのは、大阪の中にも格差があり、淀川から北の北摂エリアと河内エリア、泉州エリアとガラの悪さも違っています。南の方が総じてガラの悪さが目立っています。ミナミとキタはその縮図ではないでしょうかね。ミナミ(難波、天王寺)は雑多な感じがしますし、キタ(梅田)はやはり皆さん小綺麗です。それは大阪市内24区も同じようで、一概には言えないかもしれませんが、過去の大阪都構想の住民投票の結果も、そんなところを如実に表しているのでしょう。まだまだ自分なりに思うことは色々ありまして、書ききれませんが、ご参考までに。また何か思いついたら、コメントするかもしれませんが、優しくして下さい。

    • でも、「面白い恋人」は私は大いに笑いましたけどね。きちんと美味しいオリジナル製品にまとまっているのも高評価でした。
      ユーモアと感じるか低俗なバッタ物とみなすかの境界線は難しい所ですが、内容が伴っていれば有りだと思いますね。
      キタは確かに良くも悪くも小奇麗にまとまっていますからね。新宿レベルの大型ダンジョン化が毎年進行していますが。
      JRから御堂筋線に乗り換えるのに何であんな苦労せんといかんのかと・・・
      あと、私が感じている大きな問題は「自分のカネはケチケチ、他人様のカネは盛大に」という文化。ハコモノの計画の杜撰さとスケールがちょっと異次元だなーと感じるものです。
      という東京モンの上から目線感想でした。失礼。

      • なるほど、中には確かにセンスが有る商品もありますね。江戸っ子の方に教えて頂くのもお恥ずかしいですね。
        鉄道アクセスに関しては長年住み続けた結果、これが普通だと思ってました(東京に行った事もなく不勉強で申し訳ありません)確かに思い当たる節は多々あります。駅名は違えども梅田だけでも、梅田、西梅田、東梅田、大阪駅、阪急、阪神、JR、地下鉄とどんだけあんねん。とツッコミ入れつつ利用してます。これも大阪人特有のあまり協調せずに、自分が自分がの精神もあるのかと。近江商人の三方よしの精神が、大阪商人には足りなかったんですかね。
        あと、ハコモノやお金に関しても耳が痛い話しで、特に行政関係などは、いかに自分の懐を傷めずに、お金を引っ張ってこれるかも、大切なんですよ。大阪の同和教育、同和行政なんかは独特ですよ。あ、京都もでしたね(笑)
        それだけではないですが、第三セクターでどんだけ大損してるか。あまり知られてませんが、大阪市以外も漏れ無く各自治体が三セクで痛い目にあってます。そんなツケがしっかり各自治体にのしかかってますね。
        そんなケチケチしたこすいイメージが、いなかっぺ大将の西一(古ッ)とかパーマン4号(古すぎてご存知ですか)のようにステレオタイプ的に広がってたんでしょうね。
        一応大阪の名誉の為に必ずしもそんな人ばかりではないと言っておきますが(笑)
        しっかりした分析をされていて、驚きました。かなり明晰な方とお見受けしましたが、一体何者ですか?

          • 東京は都市の飽和状態が凄まじいのでJR私鉄も構わず協業する文化があるのに対して(それでも吸収できない部分は結果的にダンジョン化している)、大阪は「ウチのシマはやらん」的な文化が濃厚で、縄張り争いの挙句のダンジョン化という面が大きく異なるような気がしています。

            パーマン4号は荷物を持って飛んでいるイメージしか私の脳内には残っていないのですが(あまり読んだことがないので詳細は不明)今になって思うと4号は「国交省に怒られないか」という点だけが気にかかりますね、ええ。

            あと、私はただの調べ物好きの不動産投資家兼副業でサラリーマンをやっている人間ですのでそんな大した存在ではありませぬ。

            サラリーマンもできれば廃業したいのですが、年金と保険料が痛いので社内コンサル的な立場で残留しているという感じです。

            ああ、早く早期退職者の募集がかからないかな~( ゚Д゚)y─┛~~

  5. 大阪人が東京の食に付けるいちゃもんに関しては今は亡き中島らもがエッセイで
    同じく「今は関西風の味付けをする店がたくさんあるのだからそちらに行けば
    いいだけの話」と指摘されておりましたね。まあこの手の良くも悪くもコンプ
    レックスから来る感情に関しては古くは坂口安吾も批判していましたが、この先
    も無くなることはないのかも知れません。もっとも、過去にテレビを始めとする
    マスコミがいわゆる大阪の特異性とやらを面白可笑しく煽った事も総てではない
    にせよ原因の一つではあるでしょうね、と思う北摂住まいのオヤヂでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)