車内の化粧は誰に迷惑なのか?

色々紛糾している東急電鉄のマナー啓発広告について思ったことが色々あったので書いてみます。

車内の化粧は誰に迷惑なのか?

 電車内で化粧をする女性を「みっともない」という言葉で切って捨てるマナー広告が物議を醸している。

 現物を見てみよう。
 炎上しているブツは、リンク先のページ(私の東急線通学日記)の上から4番目、「車内化粧篇」だ。

 リンク先には、駅貼りポスターと、動画バージョン(マナーダンス篇)が掲載されている。

 ポスター版では、上半分に頬杖をついて車両内を観察する主人公の女の子、下半分に電車の座席に座って鏡に向かってアイメイクをしている女性の写真を配置している。

 キャッチコピーは、手書き文字でこう書かれている。
 「都会の女はみんなキレイだ。」
 「でも時々、みっともないんだ。」
 動画版は、車両の向かい側の座席で化粧をする女性たちを見て、顔をしかめて
 「みっともな!」
 とつぶやいた(「吐き捨てた」と言った方が正確でしょうね)主人公の女の子が、突然メイクアップ中の女性たちに向かって「マナーダンス」という攻撃的な振り付けのダンスを踊り出すプロットだ。

 ダンスのBGMで流れる音楽には歌詞がついている。内容は
 「教養ないないないなーい。みっともないないないなーい」
 と、化粧する女性を断罪するコーラスだ。

 この広告を見て、ツイッター上には、かなりの数の女性が反発のコメントを書き込んでいる。

 「ポスターの中で化粧をしている女性は、隣に誰も座っていない空いた車両でメイクをしているんだけど、いったい誰に迷惑をかけているわけ?」
 「女性だけに『たしなみ』を求める姿勢がなんかいけ好かない」
 「こういうマナー広告って、新手の嫁いびりよね」

 なるほど。
 私個人も、この広告の押し付けがましさには、ちょっとあきれた。

 ちなみに、車両内で化粧をすることの是非そのものについては、一概には言えないと思っている。
 迷惑な場合もあるし、迷惑に感じないケースもある。
 同じメイク作業でも、迷惑を感じる人もあれば、まったく気にしない人もいるはずだ。

 実際には、車両がどの程度の混雑度なのかによって、化粧から受ける感じはかなり違う。また、化粧とひとくちにいっても、口紅を塗り直す程度の最低限の化粧直しもあれば、下地から塗り上げにかかる本格的な建築工程もある。どの状況でどういうメイクをするのかによって、判断は分かれる。

>うーん・・・別に口紅を軽く塗り直す位なら何とも思いませんが、満員電車でファンデーションをパタパタやられたり、マスカラをつけていると周りの人に迷惑をかけることになります。なぜなら電車がポイント通過やブレーキで激しく揺れてよろめいてカバンや膝が当たったらキレられかねませんし、服を汚される恐れがあるので化粧している女性の前には立ちたくないです。横に座っている人にもマスカラの粉やら何やらが飛んで服を汚しかねませんし。今まで一番ひどかったのはマニキュアを車内でする女性、臭くて最悪でした。 :-D

>とりあえず、周りの人を汚したり臭いをばらまく恐れがある以上、化粧を満員電車でやるのは周囲にとって迷惑に違いありません。電車を降りてから化粧室でやればいい話ですし、緊急出勤などで止むを得ずというのならともかく、寝坊してギリギリだからなど自身の都合でしているというのであればただの空気の読めないワガママでしょう。

(中略)

 車両内のマナーを言い立てる人たちは、要するに、「定型的な規格にハマれない人間」に苛立っているのだと思う。

 たとえば、ヘッドフォンステレオから漏れるチャカチャカ音をうるさがる人たちは、騒音そのものに不快を感じているのではない。彼らは、本来なら小さく縮こまって過ごすべき通勤列車の中で、ノリノリで音楽を聴いている若いヤツのその快適そうな状態を憎んでいる。彼らからすれば、音楽を聴いてゴキゲンになることや、周囲の目を気にせず化粧に専念することは、公共の場所にプライベートを持ち込む逸脱行為なのであって、だからこそ彼らは通勤電車という人間が荷物になり変わって運搬されなければならない閉鎖空間の中でくつろぐ人間を嫌うのである。

 おそらく、日本人のうちの半分ぐらいは、リラックスした人間を憎んでいる。
 誰もが自分たちのように、びくびくして、周囲に気を使って、神経をすり減らしているべきだと考えている……というのはちょっと言い過ぎかもしれないが、撤回はしない。

>いや、ただでさえ不愉の極みのような満員痛勤電車という特殊な環境下で、更に苛立ちと環境の悪化の追加トッピングしてくれる相手に対して怒りの矛先が向いているだけかと。別に他人がリラックスしようがしまいがどうでもいい話だと思いますよ。逆に人が高密度で密着する満員電車という環境でなければ、音漏れだろうが化粧だろうが少なくとも満員列車の中ほどは気にはならないでしょう。

 以上の事情を踏まえて、私が思うのは、
 「いったいこの広告は誰に向けて発信されているのだろうか」
 ということだ。

 ポスターは、現実に東急の電車の車内で化粧を励行している女性たちに向けて、
「あなたたちが実行しているメイクアップ行為はほかの乗客の迷惑だからやめてください」
 ということを啓発するために掲示されているのだろうか。
 おそらく答えはNOだ。

 この広告は、むしろ、車両内で化粧をする女性に腹を立てているおっさんに向けて、
「ほら、わたくしたちは、このようにちゃーんと啓発広告を打って迷惑防止キャンペーンを展開しているのですよー」
 ということをアピールするために制作されている。つまり、これはアリバイなのだ。

 であるからして、ポスターや動画を見て腹を立てた女性たちも、
 「化粧ぐらいでガタガタ言うなよ」
 と言いたかったのではない。彼女たちは、鉄道会社が
 「ほーんと、近頃の若いオンナって常識なくてイヤですよねー」
 ってな調子で爺さんたちに媚びを売っている気配を感じ取って、そのことに反発したのである。

>いいえ、満員電車でガッチリと化粧をされるのは、少なくとも周りの人には十分実害がありますし迷惑です。腹を立てた女性達というのは、迷惑をかけているという意識が全く無い自己中無神経さんか、満員電車とは無縁の方か、リップをつけるくらいの軽いメーク程度ですら文句を言われることに対して納得が行かない人たちでしょう。

(中略)

21世紀のわれわれの社会にマナー広告が溢れている理由は、私たちが住んでいるこの国が「マナーの崩壊」に直面しているからではない。

 上の原稿でも指摘している通り、日本人のマナーは、この何十年か、一貫して向上している。

 われわれは、昭和の日本人と比べれば、はるかに洗練された所作を身に着けているし、大人も子供も他人に迷惑をかけない身の処し方を自分のものにしている。

 にもかかわらず、駅貼りのポスターや深夜のテレビCMの中にマナー広告の占める割合が増えている。理由は、日本人のマナーが低下しているからではなくて、われわれの「他人のマナーへの許容度」が低下しているからだ。
  私たちは、杖を突いた老人や、車椅子に乗った障害者や、ベビーカーと共に現れる母親が、通勤電車に乗りこんで来ることを許容しなくなっている。

 なんとなれば、彼らは「規格外」で、ということはつまり、標準的な乗客としての条件を備えておらず、結局のところ「迷惑」だからだ。

>「超満員の痛勤電車の中では【人+手持ちカバン】以上のものを持ち込んで運ぶ余地は無い」だけかと思いますが・・・しかも連日エンドレスで続く地獄が何十年かけてもろくに改善されぬままの状況に対する怒りなのではと。

>逆に考えてみると、東急線は若干混雑が改善されたため、ベビーカーを無理に乗せようと思えば乗れる状態になりつつあるのが軋轢を生んでいる原因になっている気がします。東西線や総武線の通勤時間帯にベビーカーで突撃してくる勇者は流石に居ないでしょうし。(少なくとも私は総武線では見たこと無いです)

>常磐線沿線民だった頃は、緩行線の方でベビーカーで突撃してくるDQN家族は何度か見たことありますが、やはりそういう事をする方というのは色々非常識な振る舞いが多いという印象があります。例えば乗り降りの多い駅でもベビーカーと金髪ピアスの親が絶対ドアの前から動かず、乗降口が半分塞がれた状態になって一般客の乗降がつっかえて大混乱とか、電車が大きく揺れて脇に立っていた人がよろめくとDQN親が肘でどつき返してくるなどなど、せめて乗降客の多い駅では一旦ベビーカーを降ろしてドアの前を空ける程度の事はしてもらいたいものです。そこで乗降を手伝ってあげましょうという啓蒙ならまだ解りますが。

車内のマナーに、あるいは、列車が遅延する度に、居丈高に怒鳴り散らすクレーマーに、駅員や乗務員は、決して口答えをすることができない。
 その苦労は、いかばかりかと思う。

 でも、落ち着いて考えてみれば、駅員という「決して反論できない人間」に詰め寄るクレーマーは、人間としては明らかな卑怯者である。

 その卑怯者に鉄道会社が迎合することは、結果として、一般の乗客をスポイルしてしまうことになる。
 そのあたりの出入りについて、一度真剣に考えてみるべきなのではなかろうか。

 鉄道会社に限らず、21世紀の企業は、おしなべてクレーマーに弱い。

>駅のバリアフリー化や電車の乗降板や車椅子スペースの設置などといった設備を導入したはいいもの、肝心の「混雑」が殆ど改善されないままなので、逆に一般客との軋轢を生む結果になっているのでは。正直、ピーク時の輸送能力が破綻状態な路線が首都圏には多数ある訳でして、そういう所にさらに輸送能力を逼迫させるような物を持ち込ませるのは如何なものかと。

公共交通機関は、多様な人間を乗せて走るものだ。
 「多様な」というのはつまり「他の乗客に負担をかける乗客を含んでいる」ということだ。

 ベビーカーを押す母親は、通勤客にとって、迷惑な乗客だ。
 しかしながら、迷惑だからという理由で乗客を排除したら、電車は電車ではなくなってしまう。

 とすれば、マナー広告が発信するべきメッセージは、
 「ベビーカーは迷惑にならないように、車内では折りたたむように」
 というお話ではなくて、
 「ベビーカーと同じ車両に乗る乗客は、ベビーカーのために力を貸してあげましょう」
 であらねばならない。
 杖をついて歩く人間でも、車椅子移動者でも同じことだ。

 公共交通機関は、迷惑な乗客を折り込んだ上で運行されなければならない。
とすれば、電車に乗る人間は、他人の迷惑をいやがるのではなくて、同じ車両に乗る乗客の負担を分かち、移動や乗車が困難な乗客を助けなければならないはずなのだ。

 もちろん、そんなことは乗客のほとんどが分かっている。
分かっていても多くの人が協力できないのは、日本の通勤時間帯の電車があまりに混みすぎているからだ。
そして、スペースがないという物理的な問題を「マナー」で解決しよう、というのは、根本的に方向が間違っている。

 ベビーカーは錦の御旗ではない。だが、まずはお互い、荷物扱いされていることを怒るべきで、荷物どうしで八つ当たりしあっても仕方がない。

>まずは非人道的な車内環境の改善が最優先なのは同意ですが、そんな物人口が減らない限り殆ど達成不能な事を皆薄々気づいているからこそ「更に車内環境を悪化させるような物を持ち込むな!」という怒りが発生しているのかと思います。

 その意味で、化粧をする程度のほんのささいな迷惑を、踊り付きで糾弾してやまないあの広告の凶悪さは、何度強調しても足りない。まあ、そこがギャグなんですということなのかもしれないが。

 結論を述べる。マナー広告は、むしろ“迷惑”を歓迎するマナーを啓発しないといけない。

最大の問題は、人間に荷物のマナーを強要する日本の都市構造や勤務体制にある。だからといって心の底から荷物になっていいものなのか。

 わたくしどもは迷惑をもたらすお客様を歓迎します、と、ウソでも良いからそう言うのが、大人のマナーってものだぞ。

>筆者の小田嶋 隆氏はWikipediaで来歴を見るに、宮仕えした経験があまりなく(味の素に1年と小学校の事務員見習い程度)、あまり痛勤ラッシュを経験した事の無い方のようですし、毎日あの家畜列車顔負けの環境で通勤している人のストレス度合いに関して理解出来ていないような気がします。客や鉄道会社に聖人君子たるべしを求めるのであれば、1年くらい東西線で都心まで通勤してみるといいのではないでしょうか。

>先日も浅草線でピクニックに行くような格好をした母子二組が痛勤ラッシュ時間帯ど真ん中に二台のベビーカーでドアを殆ど塞いで、自分たちはすぐ脇のシートに座って片手でベビーカーを手で押さえていましたが、そもそもそんな体制ではドアが開いたら危ないですし(なお、ベビーカーはドアの方向を向いていた)、新橋や大門といった乗降の多い駅で物凄く乗降の邪魔になっていました。浅草線はそんなに混雑の酷い路線でもありませんし、ベビーカーを乗せること自体は私は何とも思いませんが、やはり乗せる親の立ち振舞を見ていると通勤客の顰蹙を買うような事をやって何とも思わないような輩が多いように感じます。

>こうして考えると、化粧の問題は痛勤電車内での飲食飲酒はマナー違反とみなされるのに対して、新幹線や観光列車で飲食飲酒は許容されているのと同じではないかと思います。飲食や化粧といった「生活」を持ち込むには痛勤電車はあまりにも狭く、プライベートが確保されていない空間であること、これが化粧が叩かれる原因なのでしょう。

>ベビーカーについては慢性的に溢れかけている器(輸送力)の大きさは殆ど変わっていないのに、器に注ぐ中身だけ増やしてしまった鉄道会社の怠慢と、定時勤務制をやめられない日本企業の硬直した勤務形態が合わさった不幸と言えるでしょう。というか、通勤列車の実態を知っている人ならば、進んでラッシュ時間にベビーカーを乗せようとは思わないでしょうし、例えやむなく乗せたとしても、乗降の妨げにならないように配慮はするでしょうね。

>いっそ、鉄道会社が乗車率の上限を設け、それを越えたら駅で入場規制をする位の事をしない限り、殆どの路線はベビーカーを乗せる余裕は無いと思います。物理的に破綻している物を客の我慢や道徳で吸収させようという考え自体がもう破綻しているのではないでしょうか。

【結論】
・痛勤電車での化粧は常磐線で酒盛りしているおっちゃん達と同レベルの行為です。
・すいている電車内での化粧は迷惑度は低いですが、お行儀の悪い行為には違いないです。
・軽い化粧や手直し程度なら(私含め)許容する人も多いような気がしますが、化粧道具は他人を汚す恐れが有ることはきちんと認識しておきましょう。
・マニキュアなど匂いのきつい化粧行為は最低の迷惑行為です。
・理解できないやつは腹を切って死ぬべきだbyマタヨシ

・ベビーカーと化粧は別のレベルの問題です。
・ラッシュ時間帯に混雑の酷い路線でベビーカーを乗せるのはそもそも物理的に厳しいので極力避けましょう。
・何とか乗せられる混雑レベルの路線であっても、乗降の邪魔にならないよう乗降口を塞がない、扉が開いたらベビーカーを一旦下ろすなどの配慮をしましょう。
・その場合には周りの乗客はベビーカーの乗降に協力してあげましょう。
・鉄道会社は客に問題を丸投げせずに当事者意識を持って混雑の緩和に努めましょう。
・乗車率に応じた入場規制を導入すれば、ベビーカー車椅子(ついでに痴漢)問題も解決できます。
・いっそ定期券を「入場規制時の入場優先度別」にランク分けして価格差をつけたらいかが?そうすれば通勤費を安くあげたい会社が積極的にフレックス勤務を活用するようになるかも?
・例えば入場規制無し、入場規制あり(優先)、入場規制あり(一般)辺りの3ランクに分けて、一般に対して優先が1.5倍、規制なしが3倍とかの値段をつけて自動改札で弾くようにするとか。
・同様に朝のラッシュ時間帯の大型荷物(ベビーカー旅行用トランク、キャリーカート)などについても追加料金を取るとか。

ま、労働基準法的な問題もあるので、完全フレックス勤務でないと入場規制あり(一般)の購入はNGとかにしないと問題は起きそうです。ブラック企業が社員に自腹で差額を払わせるような事を平気でやらかしそうですし。

首都圏の鉄道は「家畜列車」ならぬ「社畜列車」なので、家畜レベルの扱いで輸送されている会社員に道徳やら何やらを要求するなら、まずは鉄道会社や社会が人間的な輸送方法を本気で考える必要があるかと思います。

ま、勤め先みたいに、定時前後に誰も休まない休憩時間を入れているせいで下手にフレックスを使うと休憩時間のタダ働きが増えるようなクソ制度を採用している上に、フレックスのくせに毎朝朝礼をやっているような会社がある限り無理でしょうが。 :mrgreen:

車内の化粧は誰に迷惑なのか?” への4件のコメント

      • いや、本当そう思いますよ。
        でかい荷物や化粧、飲食をしたければ別料金取れと。
        浅草線は日に日にインバウンドのトランク持ち込み乗客が増えてラッシュが悪化していますし。

        • 京成で成田に行くお客、京急で羽田に行くお客が周りの迷惑を考えずにオンボロの都営地下鉄線にでっかいケースを持ち込むからだー まぁ浅草線は独自の馬込方面では全然稼げていないから、エアポート組に屈服するしかないのですね。
          エアポート組はちゃんと酷鉄のNEXの特急料金を支払って快適な旅行を楽しんでください! 都心の痛勤電車(社畜輸送用の貨車)に旅情も何もないですよー というのは悪しき拝金主義かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)