ミキティ解体新書 その4 「問題のミキティ化とミキティが次のビジネスチャンスを生む」

その4はミキティの理想が具現化した社会が実現?したところから始まります。

WT04

そう、ワタミは世界中から「ありがとう」を集める企業として全人類から尊敬と羨望の眼差しで見られるようになり、ミキティは「人類の救済者」かつ「偉大なる経営者様」として一億の夢日本国民から「ありがとう」と讃えられるカリスマ終身独裁官として天皇陛下に並ぶ程の尊い存在に上り詰め、日本は「地上の楽園」と世界から羨まれる国となりました。

めでたしめでたし。

というミキティの脳内シミュレーターの叩きだした仮想世界はさておき、今回はワタミの介護事業や教育事業に関する批判書である、この本の内容をなぞり、介護に進出したワタミで何が起きたかを辿って行きたいと思います。

まずはこれをご覧ください。ミキティ理念テストというミキティの金言の丸暗記テストであります。研修会の事前課題として行われるらしいです。

なお正社員は社長の社長理念研修を年4回、各事業会社の社長の研修会が年2回、管理職は加えて月1回の管理職理念研修、店長クラスになると2〜3週間に1度、理念研修のおかわりが来ます。

では、ワタミの理念について殆ど何も知らない私が適当に答えてみますか。

ワタミグループ理念テスト1

うーん、威勢がいいだけで中身が全く無い文章なので、とりあえず「ミキティ」を入れてみますか。

ワタミグループスローガン「地球上で一番たくさんのミキティを集めるグループになろう」

ワタミグループ 経営の基本目的 「ミキティの繁栄、ミキティの幸福、ミキティ一族の繁栄、 新しきミキティの創造、ミキティの発展、ミキティの幸福への貢献」

一、ミキティに悲観せず、ミキティに楽観せず、
   常にミキティを持ち挑戦し続けるべし

一、ミキティできる感性を持つべし、感激はミキティの源であり、情熱はミキティへのミキティである。

一、ミキティこそミキティなり、日々のミキティはミキティされることにより信用を生み、信用は力を生む

一、ミキティになるまで戦え、ミキティからあと一歩進め、ミキティがすべてである

一、ミキティを持つべし、問題のミキティ化とミキティが次のビジネスチャンスを生む

一、ミキティを守る、ミキティをつかない

一、大いにミキティし、果敢にミキティする

一、ミキティで元気よくミキティをする

一、ミキティを他人のせいにしない

これで何となく意味が通ってしまう勢い「だけ」はすごい :lol: 。ところでミキティするってどういう意味だろう・・・「コンプライアンス違反を重ねながら歯の浮くような偽善を語る」とか?

ワタミグループ理念テスト2

二枚目のこれは難しいです・・・・実際にワタミの老人ホームであった事を並べるとこうなりますね。

一、ワタミのホームに入れたら「殺される」と思う子供は親孝行だと言われるホームにする

一、職員の奴隷労働と絶対的貧困と絶望により、ご入居者様が、日に日に元気になっていかれるホームであること

一、ホームはミキティの誇大妄想の象徴であり、ご入居者様にとって「姥捨て山」であり、それぞれの居室は「生き地獄」であること

一、ミキティ-0、過労死-0、溺死-0、放置死-0を目標に

一、提供をしているすべての社員の自己犠牲がミキティに対しての信仰を表現しているホームであること

一、「無理とは言わせない、24時間死ぬまで介護しろ」と、すべての方から言っていただけるホームであること

次にミキティのブログに関する感想文ですね。

ワタミグループ理念テスト4

これは実際のツイッターやFBのほのぼのやり取りを転記してみます

ミキティ:年末なので、今年印象的だったことをFacebookに記しています…。 先日、上海出張の際に南京まで足を延ばし「南京大虐殺記念館」に行って来ました。 12月13日、南京陥落の前日ということもあり、…

→従業員大虐殺記念館でも建ててろ

→お前が大虐殺されろ

ミキティ:よくお墓参りに行きます。 今回は、今年最後のお墓参り。 亡き父、母、そして祖母がこのお墓に眠っています。 いつもいつもその時の正直な気持ちを語りかけます。 お墓の向こうで、父・母・祖母が笑っています。

→血の繋がりがある家族は大事にしているようだが、従業員という名の家族も大事にすべし。こうして渡邉美樹が、お墓参りしている時も、ワタミ従業員は過重労働させられているのだから。

→いや、お前さあ部下を過労死させて殺人の罪から逃げて死んだ父ちゃん母ちゃんが笑うと思うか?

→その前に死なせた従業員の遺族の墓参りした方が良いですよね

ミキティ:京都・東寺に立ち寄りました。 私は年に数回、ここ東寺を訪れています。 創建1200年の歴史をもち、 19年前に世界遺産に登録された寺院で、真言宗の根本道場でもあります

→今の自分をリセットって……まさか、今までの不祥事があった事実までをもリセットし、無かった事にはしていないよな?どうか、一つ一つ、真摯に対処してほしい。

→「365日24時間死ぬまで働け」って、ほざいたあなたがなんで休んで京都に旅行してるんですか? 和民で働く社員は自分の時間もなくて旅行どころか食事も睡眠もろくにできないハズですよ。

ミキティ:私が理事長を務める郁文館夢学園の終業式で、 私から生徒たちへメッセージを送りました。 それは、「出来ないことなんかひとつもない、夢は叶う」ということ。 先日のカンボジア出張、…

→200時間残業なんて出来ません 出来ないことなんかひとつもない

→社員を殺せば企業が儲かると考えてるクズ

→なぁ、ミキさんよぉ〜 あんたの経営する学校でも、学生が転落死したろ?それについても、謝罪してねぇよな! 飲食店では過労死、学校では転落死、介護で虐待死 デリバリーでは、食中毒 何人、殺した? もう、地獄へ落ちた方がいいぜ

ミキティ:本日の経済産業委員会、 野党第一党の民主党は欠席しました。残念です。 そして、その後の特定秘密保護法案を巡り、国会は混乱。 深夜12時半過ぎまで続きましたが、53日間の臨時国会は閉会を迎えました。…

→野党はこの法案に対して反対一辺倒でなく、もっと審議をすべきだに対して自民公明が強硬に進めるので、戦術を使ってるだけで無意味ではないです。SNSを利用して明確に国民の疑問に答えないのは、ちょっと渡邊さんずるい気がする。

→経営者ヅラで話をするが、議員の話になると「議員一年生として…」とか言い訳をすぐにするよな?お前、経営者なら即戦力を求めるんじゃねえの?国民から見て、議員として即戦力にならないなら要らねーよ。民主党の批判なら誰かでもできんだろが、糞野郎。

 

これだけ叩かれても批判コメントをひたすらブロックして自己愛に溢れた陶酔メッセージを投下し続ける事が出来るタフさは純粋に凄いと思います。秘書にその辺りのフィルターをさせて信者のコメントだけ拾って見せるようにしているのかなー。

そして最後は歴史のテストです。

ワタミグループ理念テスト3

これはミキティの人生をトレースする事までテストに出されるという、「ミキティ信者」でもない限り何の意味があるのか意味不明なテストです。

こんなテストを↓こんな人達が受けて、ミキティのありがたいお話を毎月毎月拝聴して感想文を書いている訳ですね。

watami01

こういったテストや研修、自腹で買わせたミキティの著作などの感想文提出を14時間以上働き詰めでロッカールームで短時間睡眠を取りながら地獄のようなノルマをこなしている社員にやらせる訳ですから、ただでさえ重労働で疲弊しきっている所にミキティの経典が大脳皮質に焼き付けられて正常な思考や判断力が失われていくわけです。まあ、思考停止状態の脳みそでも理解できるようにひらがな多めの小学生にでも分かる平易な文で書いてある点に1ピコシーベルト程度の優しさを感じなくもないですが。

こうした思想教育を見ていると、何か昔脱北者の手記で読んだ北朝鮮の思想犯や脱北者をぶち込む収容所(革命化区域)と非常に環境が似通っているような・・・。ワタミ社員なら白い米と肉の入ったスープ程度の食事程度なら軽く保証されているとは思いますので、首領様の公約が達成されたパラレルワールドの北朝鮮程度の環境と言えるでしょう。超重労働と洗脳教育(将軍様や首領様の輝かしい歴史や主体思想を焼き付けられるだけ)を髣髴とさせる物がありますが、最近では重労働をするための工場が壊れてしましい、働く所自体が無いという話も聞きますけどね。あ、炭鉱があったか。

さて、自殺した社員が直前に書いた読書感想文の内容を見るに、完全に精神が抑うつ状態に陥っている事が伺えますが、まさに思考停止状態に陥りつつ体が悲鳴を上げて脳にトトトツーツーツトトトツーツーツとSOS信号を連打しているような状態であった事が伺えます。

「色々なことが分かりません。どこから、何に手をつけてよいのか、頭は、どんどん混乱して答えがだせなくなります。目標を見つける力は、どうしたら身に付くのでしょうか?その方法もワタミ流なら、きっと自分で見つけ出せ、ということになるのだとは、思いますが・・・。
一言意見を言わせていただけるなら、入社前後で、もう少し詳しく店舗の内実、社員としての業務の骨格をレクチャーしていただけるのなら、来年から入ってくる後輩たちにも有意義かと思います。
ひどい文章になりましたが、もう自分を取り繕うだけの余裕がありません。ワタミの行動基準に、「愚痴・陰口を言わない」というのがありますが、これも、「愚痴」に分類されるのでしょうか。正直、日々どんな言葉を口にしたらいいのか、分からなくなってきています」

あまりにも痛々しすぎるこの文章、何故彼女がこんな状態に追い詰められたのかとという点において、私が元凶と睨んでいるのがミキティの始めた介護事業です。

wa3_13

ミキティが介護事業を始めるにあたっての演説を見るに、モチベーションの源泉は間違っていないのですが・・・介護は医療に準じる専門性や管理運営コストなどの固定費が高いため、ビジネスとして成立させるのが極めて難しく、金のある老人相手でないと成立し得ないという点を見落としていたのがミキティの犯した過ちの第一歩となります。

wa3_14

そう、ターゲットを「金のない老人」に据えたことで、「成立し得ないビジネス」をどう実現するかという矛盾が発生しました。

しかも、介護事業への進出のきっかけとなった岸和田盈進会病院の再建も長期入院をしている老人を追い出すという方法で実現しており、ミキティが追い出して行き場のなくなった老人への行末を案じての義憤にかられての事業参入であったと自伝では述べています。

何かおかしいような気がしますが、きっと気のせい!レッツ!ポジティブ!

wa3_10 wa3_11

そして、義憤パワーで老人ホーム経営会社の「アール」を買収にかかるミキティ。アールの社員に義憤にかられての買収であると理解を求めるべく熱弁を振るいます。

wa3_15

とりあえず演説は成功し、順調に事業は立ち上がるかに見えましたが・・・

wa3_16

が、当然ながら特殊性の高い介護という仕事に対して、業界内からは懸念の声が多数寄せられ・・・

wa3_17

それらの批判に対しては「人VS人なんだから居酒屋の接客と同じ」という理論武装で戦闘モードに入り批判を一蹴するミキティ。居酒屋のオペレーション感覚で徹底的に業務を詰め込んで効率化を目論みます。

wa3_18

そんな理論に対して現場の介護士さん達が「業務の詰め込み過ぎで休憩時間に介護士同士の情報交換すらできない」「働く人の幸せはどうなるんだ」と非人道的な労働環境に反旗を翻しました。

wa3_19

それに対しミキティ、フォースのワタミ暗黒面で反論。

wa3_20

一見ミキティは正論を言っているようですが、ここまで読まれた方はこう脳内変換できるはずです。

「お前らの幸せなんか知ったこっちゃない、客のことだけ考えて死ぬまで命を削って働け」

watami08

そう、彼の目には労働環境の悪化に抗議してきた彼女らはアカの手先の怠惰な労働貴族に写った事でしょう。

さあ、これを見て「何て酷いやつだ」「人の心はないのか」とミキティに対して怒りを感じたアナタ、それは大きな間違えです。

彼は大真面目に「仕事」=「命を削って働く事」と思っているだけです。

何を言っているのか理解できない方が大半でしょうから、もう少しミキティ語録を砕いて解説しますと

ミキティにとっての「労働」とは

「汗水たらして命を削る思いで働く事のみが価値のある『労働』である」

「自己犠牲精神を持って客をおもてなしする労働より『尊い行為』はない」

「『夢』を持っていれば人は無限の力を発揮できるし、多少寝なくても食べなくても生きていける」

「社員はこの理念に共感して入社したのだから、どんな理不尽で法律違反の労働だろうが『合意の上での自主的な自己犠牲的行為』だ」

「その結果例え死んだとしても、それは理念に殉じた『尊い死に様』であり『殉教者』だ」

「ついてこれない奴は堕落したアカの手先のゴミカス野郎だから1秒以内に俺の目の前から消えろ」

OK? :-D

この価値観を理解・共感できる人はまずいませんし、自己啓発的なミキティ語録に感化されて、脳内お花畑状態で共感した上で入社したならともかく、単純に買収で組み込まれた介護士さんが、こんなドラゴンボールばりの「過労で死にかけると強化されて超サイヤ人化する」的な超理論に納得するわけもなく・・・

wa3_21

結果、ベテランを中心に半数が辞表を叩きつけて退職。居酒屋並のオペレーションを中高年のスタッフに強要しても、そもそも体力的に無理なので当然といえば当然なのですが・・・

wa3_22

そして残ったのは、若くて体力があって真面目で人を疑わない性格の大変ワタミ好みの人材だけとなり、こういった不器用で朴訥な人を極限まですり潰して働かせますが、どうにもこうにも回らなくなった現場を何とかするため、ミキティは斬新、かつ最終的な動員作戦を決行します。

まず、居酒屋の店員の休日を潰して強制的に老人ホームへボランティアとして送りました。そして居酒屋のオペレーションが回らなくなった部分は、ミキティが理事長をやっていた郁文館夢学園の教師達を「研修」の名目で居酒屋に送り込み、調理や接客、清掃、ビラ配りをやらせ「教師たるもの、生徒に対してはお客様に接するようなサービス精神が必要」というミキティ独自の教育理論を叩きこもうとしました。

WWⅡ時のソ連の根こそぎ動員も真っ青な凄まじい動員体制でとにもかくにも破綻状態の現場のオペレーションを回そうと画策するわけですが・・・

miki

その結果は時系列的に並べると以下の様になりました

2000年 東証一部上場

2001年 初の海外出店となる和民HongKong」Humphreys Avenue店を出店 

2003年 郁文館学園を買収、郁文館夢学園に改称

2004年 ワタミメディカルサービス設立

2005年 アールの介護事業を買収

2006年 賃金踏み倒しについて労基に駆け込まれる

2007年 「和民」上尾モンシェリー店にて食中毒を起こす
     「レストヴィラあざみ野」にて誤嚥事故を起こし入居女性死亡

2008年 過労による社員の自殺発生

2009年 老人ホームレストヴィラ町田小野路にて食中毒を起こす

その後も継続的に食中毒や死亡事故を繰り返す事態になります。

と、アールの買収後一気にワタミの抱えていた組織・倫理的な問題が噴出したことが読み取れます。なお、アール前の時代は食中毒騒ぎはは起こしていません。

wa3_23

こうしてミキティの目論見は外れ、大量の裏切り者が出たせいで阿鼻叫喚の地獄絵図と化した介護現場の立て直しに、創業期からのバイト上がりのメンバー清水氏(2016年時点でワタミの代表取締役)に白羽の矢が立ちます。

幹部の中でも一番温厚で人望があると言われる清水氏、果たしてこの地獄を立て直し、極楽と変えることができるのか?

(つづく)

にしても、ミキティネタが多すぎて、書くのが大変です・・・ネタにするにもブラック・・・いやいや

ミキティ解体新書 その4 「問題のミキティ化とミキティが次のビジネスチャンスを生む」” への5件のコメント

  1. 自らを善人と信じて疑わない邪悪な人という感想を以前から持っておりましたが…。
    確信に変わりました。この伝記漫画を書いた漫画家さん、書き上げた後SAN値かなり減ったのでしょうなあ。

    • 悪人かどうかについてはそのうち分析結果を上げますが「邪悪」という言葉はまー確かに彼を評価するにふさわしい単語の一つかと思います。
      とにかく、ミキティの心の闇を覗き込む事は大変なストレスと恐怖を感じる作業でして、私もSAN値がゴリゴリ削られております。

  2. 他部門の社員を送り込むとは、ソ連のタンクデサント戦術みたいになってきましたね。
    タンクデサントの兵員は2~3週間の寿命で懲罰のようなもんだったらしい。

      • 知らない作戦名だったので調べてみました。映像で観たことはあるのですが詳しくは知らなかったので勉強してみます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)