奥さんの配置換え祝に鱧料理を振る舞ってみた

DSC_3490

珍しく鱧が売っていたので買ってみました。1580円也。

DSC_3496

まな板に広げるとこんな感じ、斜めにしないと乗りませぬ。

DSC_3497

とりあえず半分は串を打って「つけ焼き」にしてみました。要は照り焼きですね。

DSC_3498

刷毛で煮詰めた照り焼きのタレ(白+濃い口醤油、みりん、砂糖、酒)を塗り塗り

DSC_3501

で、皮目を上にして180℃のハイブリッド蒸気オーブンで焼き焼き。

DSC_3502

縦に串を打てと書いてあったので、そうしたのですが身が反りまくり・・・間違っていたのでしょうか :-(

DSC_3506

とりあえず何度かタレを塗り塗りして焼き上がり

DSC_3510

串を抜くとこんな感じ

DSC_3514

残り半身は湯引きにして鰹と共に魚づくしでお祝いしましたが、鱧は奥さんには不評でした・・・ :cry:

「小骨が・・・」「味噌だれに辛子がはいっているぅぅぅぅぅ!! :idea: 」などの苦情が

 

うっせー!!!このお子ちゃま味覚がぁぁぁぁぁ!てめーは京都から永久追放じゃああああ!!!! :-)

奥さんの配置換え祝に鱧料理を振る舞ってみた” への3件のコメント

  1. 奥さんの「小骨が・・・」「タレに辛子がぁぁぁ!!ペッ!」など大変好評な反応を見るに「お子ちゃま味覚は京都に行くな!」と言いたくなったような無かったような・・・

    • 京料理を美味しいと思えるのは僕みたいな呑んだくれのおっちゃんでしょうなー
      「よく焼いてあれば小骨はパリパリむしゃむしゃ」「お、辛子が程よく効いて酒が進みますなぁ」
      料亭や小料理屋で老爺どもを接待したら何万円かかるかわかりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)