長谷川アナ「保育環境を整えれば子供を産む、という大ウソ」で子無しを煽る

保育環境を整えれば子供を産む、という大ウソ

日本の少子化の根本的な問題点とは…
若い男女が、子育てよりも自分のことの方が大好きだ、ということなんです!

これがすべての元凶なんです。このエクセルデータに表れない真実、それこそが原因なんです。
アメリカは間違っても、育児環境なんてものは整っていません。日本の方が100倍マシです。
日本、育児環境、もうすでに諸外国と比べて、整いすぎてるぐらいなんです。それなのに、子供なんて産まないんです。

子供なんて産んだら、自分たちの遊ぶお金が減るから。
子供なんて産むためには女性にプロポーズして結婚しなきゃいけないんだけれど、そうしたら合コンもいけなくなるから。
子供なんて産んだら、もうキャリアが台無しになるから。
子供よりも自分の方が可愛いから、子供なんて産んだら自分中心の物語が崩れるから。

アメリカ人ってね、なんでそんなに子供産むかって、理由は簡単なんです。
僕もよく、アメリカ人の友人に言ってたんだけれど、僕ら日本人から見たら彼らって…
病的に子供が大好きなんです。いや、ホントに「マジか?お前ら?」って聞きたくなるレベルで。

三度の飯より子供が好きで、会社には家族写真を飾りまくってる連中しかいなくて、
残業するなんて愚の骨頂!1秒でも早く帰って、子供たちと一緒にその日あったことをワイワイ言いながら夕食を一緒にしたいんです。
家族、大好きなんです。とにかくアホみたいに家族や子供が好きなんです。

だから産んでるんです。家族と過ごすことが人生で何より素敵な時間であることをちゃんと知ってるから。そんな日本人、そこまで多いか?若い日本の男性も女性も、口をそろえて言うじゃないですか?

「将来の不安もあって…」
「子供を産むといくらくらいかかるのかなって…」

全部言い訳です。日本の方がよっぽどお金なんてかからんわい。
アメリカ、大学に行くの、年間で500万くらいかかるところもたくさんあるんだぞ?
年間よ?金なんてただの言い訳なんです。ウソばっかです。そこを日本人はまだ理解していないんです。

若い男女が子供を産まない?子供なんかよりも自分の物語が大好きだからだよ。
自分の時間がラブだからだよって。有識者会議に出て、保育所の整備をどーのこーの言ってる連中、
2年か3年でいいから海外住んでみろって。日本人がどれだけ世界中でありえないくらい
子供が好きではない人が多いか、理解できるから。

本当に子供が大切で、子供と過ごす時間にあこがれてたら、どれだけ金がかかっても、まずは子供を持つことを優先します。
アメリカではアダプトと言って「養子縁組」は常識です。
子供の産めない体のご夫婦も当然います。そんなもん、全然関係ありません。余裕でアダプトします。
とにかく子供が大好きだからです。
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/41760706.html

 

子供が好きでない人間は人でなしみたいな論説ですなー

あ、私は子供嫌いです、というか大嫌いです。

正確に言うと

「子供が好きじゃなければいけない」

「1960年台アメリカンスタイルの幸せスイートホームこそ至上」

という価値観の押し付けが大大大嫌いなのが原因です。そういう生活を見せびらかして、いかにそれが素晴らしいか上から目線で自慢してくる連中が大嫌いです。

「他人の子供なんか可愛くねーよ」

と、いう話は親も義母も口を揃えて言っていますし、そういう本音が言えない空気が変な状態を作り出しているのだと思うのですが。

あと長谷川アナさん、アメリカがーアメリカガーと言っていますが、

ここは日本です

勘違いしないでください

それとアメリカをやたら賞賛していますが、クソみたいな医療保険制度(オバマケアで更に改悪)で金持ち以外はまともな医療が受けられない現実や、詐欺まがいの奨学金制度、リアルモノポリーで地方商店街を壊滅させて、自治体からの補助金を貰い終えたらとっとと撤退する大手スーパー、従業員の給料はびた一セントも上げずに渋って、フードスタンプの受給指南をするフランチャイズチェーン店、やりたい放題環境破壊をやって金で政府を黙らせるクソ資本家、富裕層相手の脱税指南で荒稼ぎする法律屋やコンサルタント、金融業。無知でアホなホワイトトラッシュ(白いゴミ、つまり貧乏な白人)やニガーや英語すら喋れない、しゃべる気もないヒスパニック、母国愛が過ぎるアジア系移民という名の異民族集団の混合体が差別だ逆差別だと罵りいがみ合いながら暮らす国。

こんな国のどこがいいの?大学出ても大半が非正規雇用にしかありつけないのですよ、しかも奨学金で一生借金漬け確定ですぜ。破産すらできないのですよ?

>アメリカ、大学に行くの、年間で500万くらいかかるところもたくさんあるんだぞ?

そもそもそういう一流私立大学は入学前に親の年収審査があるんですけどね、大学もニューカマー向けの語学学校に毛が生えたような物から超一流までピンキリです。超一流は金持ち以外は門前払いという段階で、一部の金持ち以外地獄、アメリカンドリーム?なにそれ美味しいのですよ、あの国。

>残業するなんて愚の骨頂!1秒でも早く帰って、子供たちと一緒にその日あったことをワイワイ言いながら夕食を一緒にしたいんです。 

これができないお国柄というか労働環境である事を棚に上げて何言っているの?アンタ。というか主夫やっているだけで嫌味をネチネチ垂れられるんだぞ、この国は。

急な飲み会に誘われても「家事が回せなくなるから無理」と断るいうとグチグチ嫌味を言うような国で何をどうしろと言うの?

「多様な生き方」とか建前を言いつつ、「定型化された幸せ」を執拗に押し付けて来るダブルスタンダードが嫌いなんだよ!

>アメリカは間違っても、育児環境なんてものは整っていません。

向こうは違法移民の激安ベビーシッターがいるから前提条件が違うでしょ。しかもよくシッターによる子供の虐待が起きて問題になっていますし。そもそも家のサイズも街の作りもライフスタイルも何か何まで日本とは異なる物を俎上に載せることが間違っています。

第一、白人は少子化しているでしょ、ボコスカ増えているのは英語も喋れない違法移民を多く含むヒスパニックですよ。

 

正直大統領選でのトランプ発言は嫌いですけど、よくよく考えてみると、アレはホワイトトラッシュの抱えている世の中への不満や憎悪を鏡に写したものなのですね。

一方クリントンは旧来のアメリカという国を破壊しかねないヒスパニックという難物に媚びて支持を集めているという訳で・・・どっちもクソですね。

ちなみに選挙戦の面子で一番危険だと思ったのはトランプではなく、テッド・クルーズです。コイツはガチでヤバいです。

自由貿易の促進
米国愛国者法の再法制化
死刑制度の存続を支持
銃規制に反対
進化論を否定
地球温暖化を否定
人工妊娠中絶に反対
国民皆保険制度に反対
均等税の導入
最低賃金の引き上げに反対
不法移民の合法化に反対
LGBT(同性愛・性的少数派)の権利確立への反対
マリファナ合法化に反対
障害者権利条約の批准を阻止
小さな政府と新自由主義を支持
イスラエルとの同盟強化
イランやキューバとの融和路線に反対
イスラム国に対して絨毯爆撃の実施を主張している
シリア内戦等中東への軍事介入には反対

なかなかいい基地外ぶりですよね。なお、コイツはサイコパス的な人格の持ち主で、議事進行妨害目的で21時間19分もの間「Green Eggs and Ham」という絵本を朗読し続けたという真性のアレな人です。

 

ちょっと話が脇道にそれましたが、この記事に対してすごーくカチーンと来たのは、会社で「女性活用!男女平等社会参画!」というスローガンを掲げ始めたのですが(専用の部署まで作りやがった)

・弁当を作れば「男のくせに」と嫌味を垂れる

・家事のため飲み会を断ると嫌味を垂れる

・飲み会では上司の太鼓持ちがゴルフの話をずーっとしている

・家事やっていると週末接待ゴルフなんか論外だと言っても理解しない、できない

・慰安旅行行きましょう!とか太鼓持ちが煽るが主夫やってて行けるか!と内心ムカムカが止まらず、当然不参加だと嫌な顔をされる

・太鼓持ちがちょっと家事をやった、育児を手伝っただけで「イクメン」とかドヤ顔で誇られるとムカムカしてくる

こんな会社が「女性活用」なんかできるか、アホか

本気でやるなら男性社員向けの家事訓練セミナーでもやれー!!

あ、最近は女も出来ないのが多いから女もやらないとな、奥さん洗濯と晩ごはんの片付け以外殆ど何もしないし。いや、料理の手伝いはしてくれるんだけど、手伝うと私が大怪我や大やけどするのが最近相次いでいて正直手伝ってもらうのが怖いです :-(

と最近どんどんおかしな事になっている会社に対する愚痴でしたとさ。

長谷川アナ「保育環境を整えれば子供を産む、という大ウソ」で子無しを煽る” への3件のコメント

  1. 私はアメリカ在住で今ちょうど妊娠、出産ラッシュ中の年代ですが、この人はアメリカのどこの話をしているんでしょうね。少なくとも私と夫の友人・知り合いでは残業を嫌がっていたら出世は無理ですし、子供も一人産むのが精一杯、頼れて信用できる家族が近くにいたら二人かなぁっと考えてる夫婦ばかりです。
    それと、私の同僚も自分の子供と仲の良い人のきちんと育てられてる子供以外は嫌いだって言いますよ。

    • むしろ彼が言っているのは南アフリカの駐在に行っていた先輩の境遇に近いような気がします。治安最悪ですが。
      私はアメリカのドキュメンタリーが好きでよく見ているのと、親がちょくちょくアメリカに行っていたので状況は色々見聞きする事が多かったのですが、昔はやたら面倒見のいい近所のおばちゃん風味だったアメリカ人が、リーマンショック近辺から挨拶もしないような殺伐とした雰囲気に変わったとぼやいていたのが思い出されます。
      もう、アメリカンドリームは死んだというのが現実なのでしょうね。

  2. はじめまして。いつも楽しく拝読しています。
    いやー、「子供が好きで好きでたまらない、そうでなければ人にあらず、出世も駄目だしモテないからお亡くなりに☆なってね」という国がこの世にないとわかってほっとしました。
    私も小さいお子様はちょっと苦手です。
    日曜日に外出はしません。その程度には遠慮しています。
    年金で支えてくれるお方たちなので福沢諭吉の顔をしていたら愛せると思います。それだけです。
    子供が好きで好きでたまらないアメリカ人、80年代までは存在していたと思いますが今はどうでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)