【読書感想文】アラサー女子の婚活ストライクゾーンは針の穴「東京タラレバ娘 4巻」

購入しました・・・ :roll:

東京タラレバ娘 04巻_ページ_181

内容はまさに帯の通りです。

東京タラレバ娘 04巻_ページ_183

「妥協できる」「妥協できない」で命運が決まるというわかりやすいテーマで4巻開始です。

予め言っておきますが、この巻「かなり鬱」です。希望成分も数%程混入しているので「パンドラの匣」的と言えるかもしれません。

まずはイケメソの驚愕の告白から。

tara04_01

結婚経験ありという衝撃の告白(前巻までの回想シーンのカットから恐らく10代でかなり年上女性と結婚→死別したものと推定され)

tara04_02

でもって4巻は劣化きゃりぱみゅことマミちゃんが無双しまくります。

まず、早坂さんに「マミちゃんの黒髪も見てみたいな~」と言われ即外観チェンジ。掴んだいい男は逃さないぜ!ウホッ!

tara04_17

しかも仕事も絶好調。スポンサーからの指摘や修正要求を予見し、プランB脚本を用意して指摘があり次第現場で即対応するなど辣腕ぶりを発揮します。

tara04_03

一方倫子さんは仕事は休業状態のまま、彼氏とラブラブな生活を。

t1

何か楽しそうにしております。

tara04_04

彼は家事もガッチリやってくれますし、家も綺麗と言うことなし。

tara04_05

しかも優しいと来たら完全な勝利です :-D

tara04_06

が、そうは上手く行かないのがタラレバ娘のダメな点。

tara04_07

彼氏が料理にハマったきっかけが「映画内での料理の再現」なので、一々映画の薀蓄が入るのに不満タラタラに。

tara04_08

で、タラレバ娘どもに不満をぶちまけるも「ワガママだ」と逆に説教される。そりゃそうだ :roll:

tara04_09

冷静に考えると凄く良い奴なのに、何でこんな文句をつけるのかと・・・

tara04_10

更に倫子さんの悪い病気「SATC(SEX AND THE CITY)病」が頭をもたげてきます。

tara04_11

男でこの手の女性専用映画をみる人は稀ですし、それをリクエストするのもちょっと無理難題というか・・・というか、レビューやあらすじを読んだ限り、この作品を共感できる男性は、この世に殆ど存在しないと思います。

簡単に言うと夢の様なキャリア、社会的地位夢の様な恋愛夢の様なパートナーや子供をアラフォーになって手に入れました♡

というのがSEX AND THE CITYの背骨な訳で、「何かを得るには何かを捨てたり諦める必要がある」という一般人に課せられた苦い世の通念を完全に無視した「シンデレラを超越したスーパーお伽話」に徹した所が女性ウケした理由なのかと思います。

つーか出汁がらみたいなシワシワ白人おばはんがちょいワル系元イケメンだったのだろうなという感じのおっさんと愛を語ってぶちゅーやドレス姿を披露している映画予告編を見て共感できる男がいたらお目にかかってみたいです。

tara04_12

うちもホームシアターはあるんですよね・・・ドルビーデジタルやDTSを5.1chスピーカーで再生できる奴。

これの旧モデルですね。

ホームシアターでお互い楽しめる作品を探りあう&営業的に使えそうな作品の発掘をする日常という選択肢が無かったのかとは思う所大でありますが・・・ :-o

tara04_13

なお、うちの奥さんの映像嗜好は

・美術系の番組◎←まーわかる

・動物番組◎←同上

・ゲームの鬼畜外道系カオスモード実況◎←GTAカオスモードやインフェルノモードなどのドM鬼畜シリーズが好物

【ニコニコ動画】GTAカオスモード

・ディスカバリー・チャンネルの超鬼畜系ドキュメンタリー◎←The NakedとかMan huntとかよく一緒に見ております。よくあんなエグいものを・・・

・ドーン・オブ・ザ・デッドやSAWやCUBEのような(サイコ)ホラー系○←うーむ何故それがOKなのかよくわかりません

・SF系映画、サスペンス物、戦争映画、恋愛映画×←大まかにはこうですが、未だにNG基準がよく判りません

・ドキュメンタリー類×←ただしYOUは何しに日本へ?や水曜どうでしょう、蛭子さんのローカルバスの旅などテレ東やローカル局系バラエティドキュメンタリーはOK。あと伊400潜水艦のドキュメンタリーも見ていたので軍事NGでもなし・・・うーん :-(

・日本ドラマで唯一見るのは「孤独のグルメ」

・アニメはドラえもんのみOK

ちなみに、「キック・アス」はNG,「SAW」や「デッドライジング」のグログロゲーム実況は楽しく見れるがアメリカゾンビサバイバルドラマの「ウォーキング・デッド」は興味なし、と基準が分かりません。ボウリングをやらないのにボウリング番組(Pリーグ)を見ているのも意味不明。

しかし、よくよく考えてみると、奥さんって本性はドSなのかもしれない・・・鞭持ってビシバシやっても違和感のない外見だし・・・ :cry:

なお、我が家では色々なジャンルを見せながら嗜好に合いそうなものをチョイスして一緒に見て、一人の時や書斎PCで個別のものは見るという運用で住み分けています。

例えば食事中はディスカバリー・チャンネルの「AIRPLANE REPO」や「孤独のグルメ」や「アド街ック天国」の録画を見て、食後は奥さんにTVを明け渡して書斎で私はニコ動をサブモニタで見つつメインモニタで物書きをする。

休日昼は他の撮り溜めをリビングで見たりニコ動をTVで再生したり適当に。奥さんは寝室でアイロンをかけながらタブレッドで動画やニコ動をみていたりと、てきとーにやっています。

tara04_14

結局この男の正体は「爽やかマッチョメンの皮を被ったただの映画ヲタク」であった訳で、倫子さんはそもそも相手への要求仕様が厳しすぎるのと、(歳を食って頭が固くなったのも相まって)相手に迎合する事ができない不器用さが加わって急激に愛情が冷めていきます。

自分も彼と似た気質の男だからこの辺りは「アイタタタ」と思う所大です。そう考えるとうちの奥さんは人がアホな企画やイベントをやらかしても、ほぼ受け入れてくれるのは本当に懐が深いなーと思います。

CWG1LPEVEAAV_D4

つまるところ、趣味に走った生き方をしている少年的な男と結婚するには、↑のような寛容さが必須なのかと思うのですが、SATC病に罹患した彼女には「男に徹頭徹尾自分に合わせてくれることを求める、そして自分は徹底的に自由に振る舞う」という選択肢以外選べないため、あえなく自分から別れを切り出して破局となります。二十歳位のワガママ女子の感覚をモロに引きずっているのはあまりにも痛々しいです。

tara04_15

しかも別れて泣きべそかきながら事務所に戻ってくると、前巻からイケメソやマミちゃんに結婚すると周囲に言いふらしていたために、皆にサプライズクラッカーの祝福で出迎えられ、更に心とプライドが木っ端微塵に粉砕されます。

tara04_16

特にイケメソの追い討ちがひでぇ  :lol:

倫子さんの髪だけ見せる後ろ姿のカットから漂う鬱成分もヤバいです。東村センセイの悪意をビンビン感じます。

tara04_18

流石にやり過ぎたと反省したのか、イケメソが後日倫子さんに復活のきっかけを与えようと所属事務所のツテを使って奔走します。

tara04_19

こうして強制的にイケメソが持ち込んできた田舎の町おこし企画ドラマの脚本を書かせて、倫子さんが陥っているスランプの元凶を教えてあげようとするツンデレイケメソ、実は超いい奴です。

tara04_20

倫子さん、どうせ碌なスタッフもいない素人企画だろうと腐りながら現地入りしてみると、実はリタイアした元バリバリ一線級のテレビ屋さん豪華スタッフが集結していることに衝撃を受けます。

tara04_21

しかも「無料ネット配信動画から口コミで火がつく」という最近のスタンダードに、アラサーの自分よりリタイアした爺様の方がきちんと理解をしてマーケティング戦略を練っていることに気づいて、自分が時代遅れのシーラカンス化していることに愕然とする倫子さん。

tara04_22

そしてじーさま方に若い若いとチヤホヤされながら伊豆の地魚と地酒を飲みながら脚本家としての原点に立ち返り、使命感に火がついて奮起する倫子さん。

前回予見した通り、一皮剥けて新たな方向性を見出し仕事に没頭していきます。

まー個人の人生としてはいい方向には向かっているのですが、一方結婚に関しては容赦無く非情な現実を(主にイケメソに)突きつけられて鬱モードが加速してきます。

詳しくは読んで頂くのが一番かと思いますので是非ともご一読を。シリアス路線で良くまとまっていると思います。

しかし、倫子さん的キャラの女性って掃いて捨てるほど周囲にいますが、要は「独身女性向けマーケティングにどっぷりとハマってシャブ漬けのようにお嬢様サービス中毒症状化が進行し、挙句商業主義的なサービスを結婚相手にも求めて論理破綻している人なんだろうな~という印象を持ちました。

サービスと愛は異なるものですよ :lol:

 

【今巻のイケメソ毒舌コーナー】

tara04_23

tara04_29

爽やか笑顔で暴言 :mrgreen:

tara04_24

倫子さんの心を破壊した最終破壊兵器的暴言 :lol:

イケメソにメタクソに言われて心が破壊された倫子さんの言動がまた痛すぎで・・・ :cry:

tara04_25

底なしの絶望感しか感じませぬ。 :-(

 

そこに更に追い打ちをしかける私作成のマミちゃんVS倫子さんの外道比較表です。

マミちゃん 倫子さん
機転がきいて仕事ができる
インターネットや最近のトレンド対応 ×
男ウケ狙い、男あしらいの手管 ×
フットワークが軽く現実志向 ×
鬱成分 ×

 

東村センセイ、こうして見てみると、あまりにもキャラ設定に容赦なさすぎですよ :-(

現実はもっと悲惨だとは思いますが。 :-)

 

【今巻の「タラれBar」レビュー】

東京タラレバ娘 04巻_ページ_166

今回も酷い案件をよくも集めたものだと・・・

tara04_26

その1は性格の悪さが致命的なアラサーさんの相談。

ちょっと可愛げな大学キャンパス時代にモテ成分を振りまいていたであろう方をこじらせるとこうなるという良い事例かと・・・

「性格が悪くて綺麗な若い子を発酵させると、ただの性格の悪いおばはんになる」というわかりやすい例です。

対処法?ないっ!(断言)

敢えて言うなら尼寺にでも入って煩悩を断ち切ってこい。このまま家庭を構えても間違えなく暴君化して破綻しますぜ。

 

その2は・・・東村アキコセンセイが絶句するレベルの案件です。

tara04_27

ノーコメント!ノーコメント!色々な意味で絶望感に溢れていてアドバイスのしようがありませぬ、ごめんなさい、ゴメンナサイ、ゴメンゴメンゴメンユルシテユルシテ

いっそここまで強烈なブツが集まるなら、相談者の未来予想ネタで鬱ショートドラマでも書いてみたら如何でしょうか?東村センセイ

 

(次巻予想)

倫子:仕事は軌道に乗るがイケメソとのギスギス継続の中、イケメソの過去の告白がされて距離が一歩縮まる、ただし全般的な救いはあまりないまま時は容赦なく進行する

香:浮気がバレて修羅場かその前段 地獄行き確定

小雪:不倫破綻もしくは小雪の妊娠発覚辺りか?こちらも地獄行き一歩手前

と予想しております。

 

ま、SEX AND THE CITY的人生を否定する事を軸に据えたスタンスの本作品にハッピーエンドはありえないと思いますし、フランス映画のようなシビアな〆になることを期待してやまないものです。 :-D

【読書感想文】アラサー女子の婚活ストライクゾーンは針の穴「東京タラレバ娘 4巻」” への7件のコメント

  1. 某ふたばの二次裏で映画スレが立つと取り上げられる事が
    多いこの漫画(ダークナイト嫌いがやたら貼り付けるのと
    しゃもさんが仰る様にセックス・アンド・シティとの関連性を
    指摘されていたりします)、今回もビーンボールまがいのどストライク
    放り投げてきますねえ。イケメソから気化爆弾落とされた倫子さんが吐く
    台詞ってキモヲタの中でも先鋭化した連中が口にするそれと変わらなかっ
    たのが中々衝撃的でしたが、タラれBarのコーナーで綴られる現実って
    それ以上に凄まじかったのがまた何とも…。
    確かにハッピーエンドには程遠くなりそうではありますが、タルコフスキー
    の惑星ソラリスの様な終わり方になっても面白いかも知れません。

    • あと腰巻きのコピーを見て続・夕陽のガンマンの名台詞
      「世の中には二種類の人間がいる…」
      を思い出してしまったのはやはり私も映画ヲタだからでしょう(笑)

      • ソ連映画は特有の鬱成分と味がありますからねー鬼戦車で私もカルト的な意味でのファンになった一味であります。

  2. 成長期のメリケンどりぃむ的な脳内お花畑すとーりぃのしょぉじょマンガよりも、いまは老衰期のおふらんす映画のような社会情勢ですものね。

    • 今の日本は黄昏の時代をじとーっと楽しむ時勢ですしね。バブル的な派手派手演出を今更見ても白けるだけです。

  3. 当方も男ですが、何故か昨今の男は女の人が夢見ることに対して厳しい目線を待っていますよね。オッサンが若い女の子と不倫や恋愛する話は許容範囲なのにその逆は許せない、夢見てんじゃねーよババア!てなもんで。その傍ら、男はいつまでも少年の気持ちを忘れない!とのたまわる者の多いこと多いこと。うーん、男と女もしょーもない生き物ですなあ。

    • はじめまして
      男の場合は食っていける素地があれば何も口出ししにくい状況ですからねー
      女性の方は多数が昔は一般職、今は派遣という形で搾取され弱い立場にいるのが現実なのに、何故声を上げて戦わないという点が私から見ると一番怒りを感じる点であります。
      この前上海のキャリアウーマンをやっていた中国人女性と話して日本人女性のその辺りの自立心の低さを思い知って絶望しましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)