国鉄労働組合伝説

おーぷんから拾い物の記事に手を加えてみました。国鉄に巣食っていたブサヨのカスっぷりをご堪能下さいませ。 :-)

[序章]

1970年代
当時の国鉄はブサヨの活動家ちゃんみたいな屑が多いしょくばでした

(´・ω・`)「大月まで子供いちまい!」
( ゚Д゚)y─┛~~「あん?2800円や!」タバコぷか~
(´・ω・`)「げほげほ、はい3000円」
( ゚Д゚)y─┛~~ポーイ〓〓⑩⑩
(´・ω・`)(なんか機嫌わるそうだなぁ・・・)
( ゚Д゚)y─┛~~「はい、つぎー!」

(´・ω・`)「すいませーん」
( ゚Д゚)y─┛~~「ああん?」
(´・ω・`)「お・大月行きの電車は何番線ですか(涙目)」
( ゚Д゚)y─┛~~「アレ(顎で切符売り場備え付けの時刻表を指す)」

( ゚Д゚)y─┛~~「ダイヤをくむか」
( ゚Д゚)y─┛~~「ワイの通勤時間にここに臨時停車や、組合の人間を拾うからここの踏切で臨時停車するで」

( ゚Д゚)y─┛~~「操作とメンテが楽な新型車両を導入?」
( ゚Д゚)y─┛~~「覚えるのがめんどくさいから反対や!第一人員削減の理由にもなるから反対やで!」

( ゚Д゚)y─┛~~「ワイの老後の財源が足りない?」
( ゚Д゚)y─┛~~「値上げの時間やあああああ」

(o’ω’n)「サヨが朝礼にこないおん」
( ゚Д゚)y─┛~~「ちわ~」たばこぷか~
(o’ω’n)「サヨなんで朝礼にでなかったおん?」
( ゚Д゚)y─┛~~「あーん?時間外でるの?でないんやろ。そんなションベンみたいな会議に付き合う必要はないんやで」

こんなクズばかりではありませんが、こんなクズに限って声が大きいので
(o’ω’n)「これはまずいおん、サヨを教育して、皆様の国鉄に生まれ変わるマル生運動開始だおん」
(o’ω’n)「おいサヨ、更生するおん、ぴしぴしはたらけおん、なんだ?その反抗的な目は」
(o’ω’n)「おんちゃんはお前の上司なんだおん!じょ~~~~し!いうこと聞けカス!」

        彡( ゚Д゚)─┛         
       彡   と    `从;≡(o;ω;n);, ’
       (    二⌒) ∵; ≡とと ノ ; ,∴
        / / ̄   ̄ ,W:≡と_ノ~
       (__)    ドカッ!!  (/

||Φ|(| ゚|Д| ゚|)|Φ||←逮捕された「国鉄上層部は横暴なんや、これは教育やろうなあ」
||Φ|(| ゚|Д| ゚|)|Φ||「なんで一人の運転士で電車を動かすんや?安全のために2人にしろ」
||Φ|(| ゚|Д| ゚|)|Φ||「わいらの言うことを真面目に聞いてないな」

( ゚Д゚)y─┛~~×3万「「「せや!団結してストライキや!」」」
(o’ω’n)「公務員のオマエラにスト権なんてないおん。お前らのストライキは法律違反だおん」
( ゚Д゚)y─┛~~×3万「「「ぐぬぬ・・・」」」

( ゚Д゚)y─┛~~「ならこれならどうや」

【三ない運動】

(o’ω’n)「おいサヨ。今日は電車の遅延はあったか?」
( ゚Д゚)y─┛~~「さぁ?(ないとはいってない)」
何も教えない
( ゚Д゚)y─┛「踏切事故で15分遅れたが、おんの奴には連絡しなくてもええやろ」
何も聞かせない
( ゚Д゚)y─┛「前で電車がつまってるなぁ、まぁええか」
何も知らない(知る必要は無い)

【三ず主義】

休まず ( ゚Д゚)y─┛「タイムカードを押して」
働かず ( ゚Д゚)y─┛「テレビぽち~」
無理せず( ゚Д゚)y─┛「5時や!残業なし(ないとはいってない)!帰るで!」

( ゚Д゚)y─┛×3万「「「これで対抗や!スト?違いますよ」」

その結果

(´・ω・`)「駅員が横柄だ」
(´・ω・`)「電車が時間通りにこない」
(´・ω・`)「車両が増えなくてキツイ」
(´・ω・`)「駅のないところでとまって誰かが乗ってきた。ずるい」
(´・ω・`)「予告なし運休が多すぎる」

乗客は大変不便なめに遭いました

しかし国鉄マンという誇り高きマトモな国鉄関係者は( ゚Д゚)y─┛に愛想を尽かし、改めて別の労働団体(鉄労)を結成して( ゚Д゚)y─┛の尻拭いをしていきますさて( ゚Д゚)y─┛が元々所属する国労・動労といわれる組合は、良識あるひとが鉄労に移籍してしまったので、キチガイ度はさらに濃縮されてしまいました。ついでに、中核派や革マルなどのガチでアレな過激派もトッピングで国労・動労につきます。

( ゚Д゚)y─┛達がまた余計なことを思いつきます

( ゚Д゚)y─┛「せや、上層部が考えた余計な規制をきっちりまもったろ」
( ゚Д゚)y─┛「おっ、カーブで30km規制や!しかし念には念をいれて10kmで走ろう」ノロ~
( ゚Д゚)y─┛「おっ、ハトやんけ!一時停止して逃がしてあげよう」キキィー!!!
( ゚Д゚)y─┛「上野~上尾37分が3時間かかるようになったが、安全の為やからしゃーない」
( ゚Д゚)y─┛「いやならのるな」
(#・ω・`)×100万「・・・」

[怒りの乗客~上尾事件編]

1973月3月12日7:10  埼玉県高崎線上尾駅上りホーム

(´・ω・`)×5000「今日も時間通りにこない・・・電車は一応動いているから会社に行かないと欠勤扱いにされる・・・」
アナウンス「上野行き間もなく到着します、(なお( ゚Д゚)y─┛達の闘争の影響で朝方から4本運休したため乗車率は400%の電車です)」

定員800人の12両編成に4000人を乗せた急行型電車(国鉄の慢性的な赤字と予算不足のため、郊外路線用の通勤型車両が調達できなかったため、通勤電車にドアが小さく乗り降りが不便で定員の少ない急行型電車を流用)が上尾駅に到着

(´・ω・`)×5000「乗れない・・・」
(´・ω・`)×5000「とりあえず乗ってみよう」
( ゚Д゚)y─┛「無茶するな、みれば乗れないことぐらいわかるやろ」
( ゚Д゚)y─┛「おい!離れろや!出発できんやろ」
(´・ω・`)×5000「いやいける」

そんな小競り合いをしているうちに定員900人の所に4000人を乗せた電車が到着

(´・ω・`)×5000「のせろ」と原住民が両電車に殺到
( ゚Д゚)y─┛×2「おい!離れろや!出発できんやろ」

アナウンス「この2つの電車は上野行きですが、2つとも大宮止まりにします(東京に行きたきゃ別の電車を待て、そして危ないから離れろ)」

(#・ω・#)×5000「なんやと!!!!!!このクソ横柄な国鉄のカスどもめ!やっちまえー!」

パリーン!

( ゚Д゚)y─┛「ひぇ~。土民共が電車のガラスを割ってきたで、駅長室に避難や」
(´・ω・`)×5000「またんかいゴラァ!!!!!!」駅長室

 \\\ 
   (⌒\  /⌒ヽ
    \ ヽヽ(#´・ω・)
     (mJ     ⌒\
      ノ ∩   / /
     (  | .| ( 。Д。)
  /\丿 | つ  ミ
 (___へ_ノ ゝ__ノ

             /⌒ヽ
             (・ω・` )
    ( ゚Д゚)ミ    _,ノ⌒゛ /⌒ヽ
    つ  ;ミ ⌒ ー–、´ ,/`/
   〔_ヨ E⌒ヽー,==-、 ヽ_,zn’
  /    `^,/  ̄,ノ   ヽ、__^ノ
 .|     /⌒ヽ:i ⌒ ー 、 ヽ
  ヽ     l人  |  .)  ` . | ー┐
   \    `⌒ |  ノヽ、_  ノ^ヽ」
   ノ ヽ 、 __ ノ  |     ̄ ` ー- ┐
 く_ _」   と__,,_」 ̄ ̄` ー―-、 l
                    ( /

その後警察がきてなんとか暴動も沈静化されましたが、既に暴徒によって駅の通信機、分岐器、信号、車両が破壊しつくされており、運行不能状態に。

( ゚Д゚)y─┛「暴動や破壊の手口に国鉄の事情に通じていなければ出来ない点が目立つことから闘争の弾圧を狙った計画的、組織的なものであることが明らかになった」と特に反省はしなかったそうです。

かくして、事態は何ら改善されず、翌月の首都圏国電暴動に続きます

[最終決戦~首都圏国電暴動編]

原因はいつも通りの遵法闘争(笑)

4/24 16:30 大宮駅
駅長室

 \\\ 
   (⌒\  /⌒ヽ
    \ ヽヽ(#´・ω・)
     (mJ     ⌒\
      ノ ∩   / /
     (  | .| ( 。Д。)
  /\丿 | つ  ミ
 (___へ_ノ ゝ__ノ



20:00 赤羽駅

はよ電車だせ      イ、イタイィィッッッ !!       ギリギリ 
                 ヤメテエェ !!!          
     (#´・ω・)                        
      (  つつ============⊂⌒⊃( ゚Д゚)⊃=======⊂⊂(#´・ω・)
       \ \ \         :;;:              / / /
         (__)_)       ;:;             (_(__)



同刻 赤羽駅1km手前

( ゚Д゚)y─┛「アカン、信号の故障でこれ以上いけん」
( ゚Д゚)y─┛「おう、降りろや。歩いて帰れ」

 ____              ( 。Д。)←国鉄職員
 |←赤羽 |            ノ   ミ
  ̄ | | ̄ ̄     ┗(・ω・)┳つ  (┳(・ω・)┓┗(・ω・)┓三
    | |        ┏┗     ┗┗   ┏┗     ┏┗    三


21:30赤羽駅

                   ゴオオォォォォォー 
    電車を燃やすで               人ノ゙ ⌒ヽ彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)””
    _, ._               ,,..、;;:'”゙゙      从  ミ彡ミ彡)ミ彡,,)
√(# ・ω・)    ,,..、;;:~-:””゙⌒゙        :;.:… ,, ⌒ヽ 彡, 彡”彡,彡,
| (:::..、===m==<|::::::゙:゙             ー  |_=|:::. |::. | '    ``゙⌒`゙"''~-、:;;,_ ι(´Д`υ)ギャアアアア( .::;.:. :::;.. .....        ) 彡,,彡,彡,  (__)_)          ..;.;"..;.;"...;.;し,, :;.:... ..... .;..;.;"..;.;"wwwwww



25:00
暴動が自然消滅


【国鉄の被った被害】
損害額合計:9億7000万円以上(以下内訳)

・車両:1億円
被害S:走行不能になるほど致命的なダメージを負い廃車となった車両の補充製造で数編成
被害A:工場に入庫して修理を要する車両で23編成
被害B:電車区で約1週間で修理できる車両で36編成
被害C:ガラス破損など1日で修理できる車両で32編成
・建物:1億2000万円(物理的破壊に加え上野駅のコンコースに至っては放火もされた)
・電気機械設備:4億1000万円(コンピュータ等)
・自動券売機:1億3000万円、東京都配置数約3000台のうち208台が使用不能
・乗車券類の払い戻し:2億円
・キオスクの破壊、金品商品強奪:現金だけで1000万円以上

などなど・・・

腹いせに駅前でタクシーに向かっての暴徒の投石や、暴徒同士の乱闘騒ぎや駅舎破壊に伴うガス漏れなど、駅周辺がカオスモード化。警察も広域かつ大人数過ぎて手を打てない上、元凶である( ゚Д゚)y─┛~~共が殆ど駅から逃亡していたため、事態の収集に大変手間取る結果となった。

このような大規模な騒乱事件にも関わらず、逮捕者は赤羽で電車に放火した男のみの僅か一名。世間の目も日頃からの国鉄職員の怠慢で横柄な態度に怒りが溜まりに溜まっていたため「自業自得」との冷たい物でした。

翌日

( ゚Д゚)y─┛「乗客の混乱は国労、春闘共闘の春闘を破壊しようとし、闘争の妨害をねらったものである」
反省の色なし!

首都圏の国鉄は完全麻痺状態になり、通勤客は国鉄の線路上を列をなしてバターン死の行進のような様相で出勤。

代替手段のある利用客は

(´・ω・`)「もう電車通勤やめて車でいこ」
(´・ω・`)「西武に替えよう」
(´・ω・`)「京浜急行にしよう」
(´・ω・`)「京王にしよ」
乗客の国鉄離れが加速

貨物
( ・`ω・´)「納期に送れると違約金を払うのは私たちだ謝れ」
( ・`ω・´)「こわくて生鮮食品とか送れん」
( ・`ω・´)「高速道路も整備されたから鉄道貨物はポイーで」国鉄貨物担当のえらいひと○| ̄|_

このようにして、国鉄は解体への道を進みます
なお、反省しなかった( ゚Д゚)y─┛の一部は解雇・停職・訓告などされましたが、その後ものうのうと国鉄にいました
あとこの乗客の怒りで一部の( ゚Д゚)y─┛に「高崎線はこわいから行きたくない」というトラウマを植え付けることに成功しましたが、民営化と同時に大半はポイーされました

民営化時の( ゚Д゚)y─┛の行き先
半分がJR(キオスクや立ち食いソバ、自動販売機の保守点検も当時はJRの業務)
残りは自分でなんとかしたかプロ市民(主に裁判活動)になりましためでたしめでたし

今でも残党(動労千葉)が千葉方面で毎年ストを起こしたり、新型車両の取説を拒否するなどして暴れていますが、他から代替人員が派遣されるため、近年は彼らの活動もほぼ封殺されています。

そんな20世紀の遺物のような彼らですが、21世紀になっても未だ中核派や革マルと提携して内ゲバに勤しんでおります。ブサヨは死ななきゃ治らないという原理が証明されたと言えるでしょう。

>2002年5月27日、中核派幹部や活動家、国労組合員が、同じ国労組合員に殴る、蹴る、首を絞めるなどの暴行をしたとして、10月7日、警視庁公安部は、国労闘争団員2人を含む国労組合員5人と中核派3人を逮捕した。検察は勾留満期の10月28日、8人のうち6人すなわち国労組合員5人全員と中核派1人が起訴され、中核派2人が釈放されたのである。その翌日の29日、警視庁公安部は国労組合員2人をさらに逮捕した。11月18日、2人とも起訴された。

☆ストライキ大好き、動労千葉先生の作品が読めるのはチバだけ! 是非とも春先はスト天国チバへ!

国鉄労働組合伝説” への10件のコメント

  1. こんな奴ら、問答無用で射殺すればいいんだよ
    人権が~とかいって甘やかすから付け上がる

    • 日本共○党がこの手の社会の害虫を懐柔させて票田にするテクに長けていますからねぇ・・・まー労働貴族の悪い見本として晒し者にするのが世のためでしょう。

  2. なんか似たような輩がおふらんすでは生き残ってるらしいですよ。
    職場でメーデーの動員命令でもあったのですか?

  3. 邦画の世界もこれと同類の輩共が佃煮に出来る程いました(今もいたりしますが)のでやたらと国労視点のドキュメンタリー映画が制作されていたんですよねこの頃は。
    もっともそんなものちゃんとした小屋に掛かろうはずもなく殆どが自主上映で売上はカンパ(笑)という状態でしたが。

  4. JR北海道のいい加減の塊のような横着ぶりは国労のブサヨがまだ幅を利かせているからでしょうか。JR西日本は民営化してからはとっても愛想がよくなりました。国鉄の時は深夜の寝台車に乗る為に駅に夜中の2時に行ったら券売機は5時から、切符切りの駅員に切符どこで買えばいいのか聞いたら、緑の窓口っていうけど、7時にならないと開かない。汽車の中で買うから入れろというと、入場券買ってこいって。むちゃくちゃでした。本当は当直がいて切符売り場を開けなければいけないのに。あ~思い出してもむしゃくしゃする。

    • 北海道は組合が違うと葬式に出ないらしいですね・・・中核派の残党が元気に暴れまわっているみたいですし、そりゃ列車が燃えたり脱線しまくるわけで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)