結婚観@アンジェリカ

アンジェリカの結婚観が炎上 大バッシング招いた某重大発言

http://www.j-cast.com/2015/03/25231323.html

モデルでタレントの道端アンジェリカさん(29)がバラエティー番組で、週に1度はベビーシッターに預けてデートしたい、夫の年収は5000万円欲しい、などと独自の結婚観を語ったところ、批判が寄せられ、炎上してしまった。

道端さんの考え方に賛同する声もあるのだが、「ワガママ」「自分勝手」と反発する声が相次いでいる。

道端さんは2015年3月24日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)に出演。モデルの西山茉希さんや元フィギュア選手の浅田舞さんらとともに、理想の結婚などをテーマにトークを展開した。

週に1度は夫婦で着飾って外食したいという道端さんは、子どもはどうするのか聞かれると、「絶対にベビーシッターさん(に預ける)。連れて行かない」と即答。「もちろん子どもは大切だけど、夫婦が男女でいることが一番大事だと思う」と説明した。

子どもとの外食は「昼だったらOK」だそうで、

「昼間のうちに遊ばせて疲れさせる。夜はシッターさんに寝かせてもらって、ゆっくりディナーしたい」
と話し、共演者を驚かせた。

一方、1児の母である西山さんは、過去に子どもを預けて夫・早乙女太一さんとディナーに行った経験を「罪悪感があった」と振り返った。すると道端さんは

「そうかな?子どももママが幸せそうな顔で帰ってきたらうれしいと思うよ」
と理解できない様子だった。

道端さんはほかにも、結婚相手について「年収5000万円は絶対欲しい」「今日はこれって決めたら、それしか食べたくない。(違ったら)帰る もん」などと自分の結婚観を語り、浅田さんを「こんな人本当にいるんだ・・・」と驚かせた。多くの視聴者も同じ感想だったようで、ツイッターを見ると

「母親が子供をベビーシッターに預けて遊ぶなんてアホじゃないかっておもう」
「親になる資格なし。子供産む資格なし」
「小さいうちくらいは全力で愛を注いであげようよ」

と反発を招いてしまった。

 

へー(棒) :-)

うん、別にいいんじゃないですか?

結構おシワの目立つ29歳モデルを年収五千万円の人が拾ってくれるなら。

ただし、年収五千万円を稼げる人って、オーナー兼経営者や不動産王や一部のトップアスリートや売れっ子芸能人や投資成金みたいな人しか居ないような気が。

更に問題なのは、これらの商売って稼ぎの継続性が怪しく、業態的に収入も支出も多い事が多いのでヘタすると文無しや自己破産といったレベルまで凋落するのも珍しくないことです。更にプライベートな時間が殆ど確保できなかったり、不安定だったりと、家庭を構築するには不向きな生活をしている人が多いのも特徴です。

不動産収入だけで食っているような人ならまー安定性もあるのでしょうが、問題は口を開けていれば金が入ってくるような状況に人間に人間が陥ると、人格・精神的に腐敗が進行するのと、お零れに与ろうとするヤバい連中が集ってくるのが非常に鬱陶しく災難の元となるのが・・・

うちの祖父の場合は築地関連で胡散臭いマグロ漁船の一艘買いとか持ちかけられたり、ブラジル投資を煽られてひどい目に遭ったりと・・・もうね・・・うんざり。 :cry:

最悪、板橋資産家夫婦放火殺人事件みたいな目に遭う訳で、「持ちすぎる事」はデメリットも多いのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E6%A9%8B%E8%B3%87%E7%94%A3%E5%AE%B6%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E6%94%BE%E7%81%AB%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://matome.naver.jp/odai/2139470274378473201

ベビーシッターについては、忙しいタレント業や経営者家族であれば、当然の選択肢でありますし、きちんと息抜きをしてから子どもと向き合う時間を作ればまーいいのではないでしょうか。当然任せっきりで放置はクソだと思いますが。

コレを非難する輩(核家族での実親子育て至上主義)が多い辺りに少子化の原因が潜んでいるような気が私はしますが。

さて、これらの条件を理解した上で年収五千万円と言っているのであれば別にどうとも思いませんが、結婚条件に高額年収を具体的に提示してくるような連中は・・・

分かっていないで言っている場合が殆どなのですよね:mrgreen:

 

結婚観@アンジェリカ” への6件のコメント

  1. 私も同感で相手にパラサイトするつもりなら問題外ですが、5000万円を二人三脚で稼ぐくらいの気概があるなら、一般的価値観の押し付けのような批判は無視でいいと思います。
    ちゃんと稼いで子どもを幸せにして立派な一人前に育てるなら、手段まで他人に口出しされる筋合い無いと思います。
    世の中には一般論を持ち出して少数派を見下す人が多いですが…。
    そして、パラサイトする気で高収入を希望する人も多いですね…。

    • 今どき死語同然の「内助の功」をやるならともかく、この手の人間は「贅沢したい」「羨ましがられたい」「有名になりたい」「社交界で派手に立ち回りたい」といった成金願望で動いているだけというパターンが99%ですからね。

      うちの母親もその手のアホだったので見ていてよく解ります。

      この人の場合は姉貴が某F1トップレーサーのセレブ妻なんで、いくらかは理解できなくもないですが、そういった願望は口に出すモノじゃありませんよね。賢い女なら黙ってススッと近づいて捕食、タガメとしてちょっとレベルが彼女は低い気がします。

      • 昆虫の『トリカヘチャタテ』、『性淘汰』でググると興味深い記事が出てきます。
        昆虫は寿命が短いため進化のペースが速いのですが、その進化の過程がまるで現代社会の行く末を表しているようです。
        記事の一文ですが、”オスの栄養を奪い合うメスの同士の競争から雌雄の積極性が逆転し、メスに強い性淘汰が働いたことが交尾器の逆転を促したと考えられる”
        ってまさに今の社会に通じる部分があります。

        • ♀がペ○スで♂をアッー!!・・・ですか

          まぁ・・・やられかけた経験があるのでこの捕食様式は否定しませんが、経験的にDNA遺しという意味での子への執着は女性の方が遥かに高いような気がします。

          と考えると、世相(生存環境)の悪化による♂の淡白化に対する自然淘汰の一環なのではないか程度に本件は捉えるのが妥当なのでしょうね。

  2. れべるの低いタガメですねー
    その点だけは三冠王現役の野村克也を捕食したサッチーは凄腕ですわな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)