毒親の結婚祝い

毒親持ちでお苦しみの皆様、今回は毒親が死ぬまでやらかす迷惑イベントを並べてみました。

0.育児放棄、虐待

1.進学妨害

2.就職妨害

3.就職後のタカリ暴言

4.結婚や縁談を全力で破壊に来る

5.親の面倒を放棄して逃げる

6.自分の老後の面倒を見ろと喚く

7.汚い死に際を見せつけた挙句、負債や資産トラブルを残す

現在私の所にはNo.6まで全部来ております。老後の面倒については親が40代の頃から喚いていましたし、7もまー確定でしょう。

今回は4の結婚の際にやらかした毒親の理解不能、想像の斜め上な所業を晒しあげてみようと思います。

 

まず、前提条件としまして父方祖父と両親の関係を解説します。

・私の母と舅(父方祖父)は結婚直後から凄まじい争いをしており、私が幼い頃から目の前で罵倒合戦や母への土下座強要など、なかなか強烈な物を見せつけられていた。

・罵倒土下座を見せられた後、祖父に万札握らせて「悪いもの見せてしまったな」と言われたが、受け取り拒否→それ以降私は死ぬまで顔を会わせることを拒否した。

・父は当初は母の味方というスタンスだったが、結局祖父に逆らえずに母と息子をズタボロにしてしまった。結果母は腹いせに私を殴る蹴るの暴力で痛めつけるのが日常化。

・両親は離婚寸前になり、私の親権を巡り脅しすかしの中傷合戦を私にめがけ展開、10歳足らずで両陣営の悪口吹き込みと離反工作に晒され精神的にぶっ壊れそうになる。母の暴力が更にエスカレートし何度も殺されるかと思うほどの目に遭う。

・数年後の祖父死後に後妻VS父で相続合戦になり、ヘボ弁護士の失態もあって高裁までもつれる泥沼戦争を5年ほどやらかし、途中裁判所の強制執行で踏み込まれたり大変な泥仕合になった。

・母は肉体的暴力では敵わなくなってから口での暴力やテスト前や就活前日の深夜に叩き起こして絶叫発狂するなどの妨害行為に全力を傾けるようになる。就職後もキチ要求の数々をつきつけられ絡まれ続け、最後は私の怒りが爆発し半絶縁状態。

・数年後父親の会社が潰れ億単位の負債がドーン。生活支援用に貯蓄口座を貸したら、資産逃がしのためにx千万単位の金の出入りを何十回もしてくれ、戻ってきた通帳を見て青ざめる。

・時効が過ぎるまで息を殺して生活し、何とか税務署から逃れられそうな事を確認してから結婚を決める。(東京だとバレにくいみたいですが、地方だったら確実に刺されていたと思います)

 

こんな状態に至ったのに誰が悪いかと言えば「全員悪い」です。

 「戦前の家長独裁制を敷いて財産狙いと母を決めつけいびり抜いた祖父」

 「祖父に逆らえず日和って家族を守らなかった+半端に家長制を遺伝してしまった父」

 「贅沢好きで怠け者でメンタルが弱く、祖父にやられた腹いせに弱いものいじめに走った母」

どれもカスです。

 

こんな状態ではあったのですが、親父とは接触して復縁の線を模索してはいたので、結婚前に奥さんの紹介と挨拶に親のところへ行ったら

父「(俺的に)魅力がない、気に食わない、本当に結婚する気か」

:-D  「あーそうですか、気に食わなくて申し訳ないですねー」

父「実家べったりだろ?あいつ。色々俺的な好みに合わんし気に食わん。」

:roll: 「親娘間の距離は近いと思うけど、あちらの実家は極めて良識的な家だよ」

父「あいつら養子狙いじゃないか?あのべったりぶりだと多分狙っているぞ」

:roll: 「どういう根拠でそんな事を?いくら何でも先方に失礼じゃない?」

父「そもそもあいつは[俺的な好みとしての]女性的な魅力があーのこーの(以下気に食わないと奥さんと義実家の悪口連呼)」

8-O 「(プチッ)もういい!そんなに気に食わないなら、先方に大変失礼だし、婚姻関係になっても酷い迷惑をかけそうだから、この話は無かった事にする!あんたの好み何ぞ自分にはわからんから、そこまで個人の好みを一方的に押し付けるなら、代理条件としてあんたの眼鏡にかなう相手を代わりに紹介しろ。期限は一週間、これ以上は待たない

※親にそんなツテも何も無いことは承知の上での話です

父「・・・?あ、ああ・・・モゴモゴ」

一週間経過 全く回答無し

:roll: 「おい、一週間過ぎたけどどうするんだよ?」

父「あー?本当にアレと結婚する気なのか?あーだこーだー気に食わねー」

8-O 「いい加減にしろ!何の根拠もなく養子狙いと先方を中傷するとか失礼過ぎるだろ!」

父「養子狙いというのは『一般論』であって相手を中傷する目的で言ったわけではない(キリッ)」

:lol:  「養子狙いという、かなり敏感な類の話について『一般論』がどうやったら成り立つんだよ!先方を馬鹿にしているのか!」

父「あーなら、俺が悪者になればいいんだろ?だったら段取りを決めるとするか、それにしてもあいつら気に食わねーあーだこーだ(以下悪口ループ)」

:-D 「・・・ :oops: あなた方は話を破壊する気しか無いと分かったから絶縁させて頂きますね。もう二度と連絡するな!クソ迷惑だからまとめてとっとと死んでしまえ!」

父「この親不孝者がぁぁぁぁぁ!!!お前は親を罵倒するしかできないロクデナシだぁぁあ!すぐさま出頭して詫び入れろやぁあああ!」

:roll: 「お断わります」

父「とっとと顔出せやぁああああああああああああ!!!!!」

: :roll: 「嫌どす。そちらが喚いているお金の精算はしますので振込先と金額の指定を。」

父「逃げる気かてめぇぇぇぇぇ!!!すぐ出頭しろぉぉぉ!!」

:roll: 「嫌どす。さようなら。」

(以上デフォルメ込みのダイジェストでした)

 

結果絶縁して結婚しましたが、後悔はゼロです。

義実家は一族でお祝いをしてくれましたし(式も何もやれなくて本当申し訳無いorz)色々家具やらお金やらも頂きました。その恩もあるので先日妻の祖父の葬式や納骨にも全部出たのですがね。

一方(元)実家がくれたものは、「汚い罵声」だけでした。

 

うん、今思い出しても酷い思い出です。

これより理解できたのは、モラハラ(毒)親の特性として、彼らは表面上は子供の幸福を願うようなことは言うのですが、深層心理では「子供は(自分より)不幸であるべき」「ダメな(に貶し込んだ)子供は自分が管理監督すべき」という歪んだ子供への執着と子離れできなさを抱え込んでいるものと思われます。

縁切りしても、他方で親族などに不義理を重ねて子供に迷惑をかけ、その結果についても何ら反省せずに、「連絡を取ってこない子が暴走したのが悪い」としゃーしゃーと主張するのがモラハラ(毒)親であります。

という経験からしまして、毒親持ちで結婚を控えている方は「結婚前に借金と親の縁は整理すべし」かと思います。

親の言いなりは・・・心底お勧めいたしません・・・ええ :-(

毒親の結婚祝い” への4件のコメント

  1. ここまでやられりゃそらまあ手紙がいつの間にか果たし状になっていても何の不思議もありませんわなあ…。
    嘆かわしいのはしゃもさんと同様の体験をしてしまった方が結構多くおられる事とそれを頭から信じないで
    「でも親なんだから」
    などど伸び切って冷めたチキンラーメンよりも価値の無いお言葉で説教してくるお幸せな皆様も履いて捨てる程いるというこの現実です。

  2. 「でも親なんだから」とゆーのが今のシルバーデモクラシー社会では多数派なんですよね。
    延びきって冷めたチキンラーメン。。。想像しちゃった。

  3. チキンラーメン・・・熱いとあれだけ美味しく、ぬるくふやけるとあれだけ不味い食い物は他にはありませんよね。

    確かに親子関係という物もチキンラーメンと同じなのかもしれません。

    疎遠でも乾いていれば酒のつまみになりますもんね。

    次に母がまた逃げ出して祖父母が泣きついてきたら、一回だけ対応して、後は今回相談した弁護士さんに丸投げかなぁ。親の対応も弁護士さんを窓口にしてシャットアウトしたいですし。

    まー友人が祖父母の相談を受けて心配して訪ねてきたのを扉も開けずに追い返したアホ親が改心したとは私にはにわかには信じられませんので、高確率でそのうち呼び出されることでしょう。

  4. ピンバック: モラハラ親の相談に乗ってみた ケース2 「脅迫・暴力・暴言トリプルコンボ親」 | 膝と相談させてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)