【書評】「レッド1969~1972」 3巻 [山本直樹 著]

3巻より革命者連盟では脱走者が出始め崩壊の兆しを見せるようになり、赤色軍では懲罰的な規律が強化されることにより後の壮絶なリンチの下地が出来上がっていきます。

RED16

革命者連盟の山入りの理由は、警察に徹底的に追い回されて都市部ではまともな活動ができなくなりつつあった事と、勾留中のリーダーからの山へ篭もれとの暗示があった事と、第二次大戦中のフランス対独レジスタンスを模倣しての発想なのですが、日本がGHQに占領されていて国中で反米運動が暴発しているような状況ならともかく、ごくごく限られたシンパ以外日本国内に味方はおらず、食うにも困る状態で、たかが20名足らずのメンバーが警察から全力で追い掛け回されて続々お縄になっている状況で山岳ゲリラをやろうだなんて頭が沸いているとしか思えません。

 

もしやるならば、南米の共産ゲリラやラオス国境地帯の国民党軍の残党のように、麻薬栽培や密輸で資金を稼ぎ、その資金で軍隊並みの武装を施し周囲の村落からの子供を誘拐し洗脳し少年兵に仕込む。さらに誘拐した子供を人質を取っての食料や物資調達などの協力も強要し、一方で警察に村落がこちらの味方であるという情報を流し、軍・警察に村民を弾圧させるよう仕向け、村民に味方は我々だけだと刷り込ませる。場合によってはイスラム過激派のように子供や未熟練兵士に爆弾をくくりつけて自爆テロに送り込み、県庁や県警本庁などに突っ込ませて権威を失墜させるといった活動を繰り返し、一部の地域で徹底的に治安を悪化させた上で、限定的な武装解除と穏健路線化を交渉材料に党の合法化と政権参加を要求。

この位の外道をやらない限り武力闘争による権力奪取は近代国家においては難しいのですが、残念ながらこういった方法は大陸国同士の施政権が十分に及んでいない未開な国境地帯でもない限り難しいのが現実です。

RED20

という事で、ハナから破綻してる作戦に関して追い詰められて頭の沸いている連中同士が激論を交わしますがまともな結論が出るわけもなく :roll:

RED21

結果、毛沢東が提唱した古典的なゲリラ戦術「遊撃戦」を提唱するに至るのですが、この遊撃戦というのは正規軍同士が対峙して戦闘を繰り広げている脇をゲリラ戦部隊がすり抜けて敵後方に回り込み、敵の後背で兵站の破壊工作を行い、敵の戦闘持久力を削いで戦闘を長期化させ消耗させるというものです。

ベトナムで北ベトナム軍に対して南に潜伏させていた南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)が南ベトナム軍及び米軍に対して展開した後方破壊活動が代表的な例と言えるでしょう。

つまるところ、正規軍同士の戦いが存在しない以上「遊撃戦」というのはそもそも論理的に破綻している訳でして、この規模の組織であれば洗脳した少年兵を使った自爆テロやそれに類する戦法で対抗するのが現実的なのですが、どうもそこまで外道になりきれないのが彼らの甘さというか弱点のようで、結果、銃を「共産主義の実現のため」のご神体として祭りあげる事によって現実逃避を始めます。

RED18

かくして銃砲店襲撃で集めた銃火器・弾薬は豊富ながら資金は乏しく、毎日小屋で麦粥を啜り、燃料調達や建築作業のために一日中身を粉にして働き続け、夜にはオイルサーディンよろしく男女入り乱れですし詰めになって寝るという刑務所以下の生活環境に耐えかねたメンバーが続々と脱走し始めます。

RED41

革命者連盟は元々がゲリラというよりも市民サークルや学生運動団体に近い性質の団体だったので、組織的な結束が弱かったこともこれらの組織崩壊を招いた原因と思われます。

これ以降、革命者連盟は脱走者を捕まえては暴力で拘束したり殺害するという過激な内ゲバ路線へ暴走の度合いを深めていきます。

RED22

一方、赤色軍は、二巻までのゲリラ戦の失敗を懲罰や死刑といった罰則で補うという方向に進化し、ますます共産ゲリラ的な性質を強めていきます。

RED17

かくして「総括」→「懲罰」→「死刑」というロジックの完成。

さらに赤色軍は資金集め(自己調達)に非常に熱心に取り組み、「G作戦」を続けます。

RED19

銀行強盗以外の新金策として、シンパの小学校教師の手引で給料日に給料を現金輸送していた職員を襲撃。数百万円を強奪する事に成功するなど、短期間で多額の資金をかき集めます。

一方武力闘争としては、沖縄変換協定の調停に伴う実力阻止デモの一環として東京のそっち系団体の聖地であらせられる■■公園において

RED23

赤色軍の手製爆弾が対峙していた機動隊に投げ込まれ炸裂、機動隊員26名が内臓露出の重体を含む負傷をする事態に。

かくして「資金は豊富だが人員・銃火器不足な軍隊風の赤色軍」「資金不足だが火力豊富で市民サークルの延長線上の革命者連盟」がこれ以降最悪のコラボレーションを決めて破滅への奈落へと堕ちて行くこととなります。

四巻では、脱走者に対する壮絶な内ゲバが開始され、共食いの様相を示す様を紹介・・・できるか?

(続くかも)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)