渋谷エリートバラバラ殺人タガメ女の心の闇を分析してみた その1「挫折禁止違反」

01yusuke

事件のあらましは以下の通り。おさらいとしてまずは事件の概要を確認頂きたいかと思います。

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件(しんじゅく・しぶやエリートバラバラさつじんじけん)は、2006年12月、東京都新宿区、渋谷区ほかにて、切断された遺体が見つかった殺人事件、死体損壊・遺棄事件である。

2006年12月16日、東京都新宿区西新宿の路上で、ビニール袋に入った上半身だけの遺体が見つかる。当初、歌舞伎町に近い新宿という土地柄、被害者を外国人と断定し、暴力団関係者・中国系マフィアなどによる犯行(抗争事件)という見方が強かった。

同年12月28日、渋谷区内の空民家の庭で下半身のみの切断遺体が発見される。この下半身遺体と、西新宿で見つかった上半身遺体のDNAが一致し、この遺体は外資系不動産投資会社に勤務する男性(当時30歳)と判明した。

最初の遺体発見から約1か月経った2007年1月10日、死体遺棄の疑いで容疑者逮捕。逮捕されたのは、被害者の2歳年上の妻であった。逮捕後、町田市の芹ヶ谷公園で頭部を発見。手首はゴミと一緒に捨てたと供述している。

事件の経緯

夫妻は2002年11月頃に知り合い同年12月より同棲を始め、翌年(2003年)3月に結婚する。裁判では、出会いから結婚までの期間を“いろいろあった末に結婚”と表現されているが、妻は妊娠を期に結婚したが、経済力のない夫と家庭を持つことに不安を感じ、同年3月上旬に堕胎している。

夫妻は結婚後数ヶ月で不仲になったとされ、妻は夫からドメスティックバイオレンス(DV)を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したと供述。妻は一時期、夫の暴力から逃れるためシェルターと呼ばれる保護施設に避難した。また、互いに不倫相手がいたとも供述している。

2006年12月12日早朝、妻は就寝中の夫を中身の入ったワインボトルで殴り殺害。自宅で遺体を切断し、その後自宅をリフォームするなど隠蔽工作も図っていることから計画性ある犯行と憶測を呼んだ。事件の2日後にタクシーを使い上半身を新宿区の路上へ遺棄。持ち運びに疲れたために下半身を渋谷区の民家に遺棄し、バッグに頭部を入れ電車に乗り町田市の公園に遺棄したと供述。短絡的な犯行ともいわれている。

妻逮捕の決め手となったのは、夫の上司が自宅マンションの防犯カメラで帰宅する夫の姿を確認したことである。事件発覚前の12月15日には妻が捜索願を出していた。

-------

色々センセーショナルに報道されたこの事件ですが、二人の生い立ちや周辺の交友関係を紐解いていくと相当気持ち悪いモノが見えてきました。

まず、夫ですが「エリート外資系投資ファンド社員」という肩書きは確かに正しいのですが、ホンの一年前までは赤貧生活を送っていたワーキングプアであった事、年収1000万円を貰っていたも手元には殆どお金が残っていなかったこと、さらに消費者金融や奨学金の借金が相当額あった事。などから実態は報道のイメージとはかなり離れているという事が分かって来ました。

一方、妻の歌織受刑者については、白百合女子大学出の社長令嬢という肩書きからは信じられないかなり薄汚い経歴の持ち主であり、相当奸智に長け、男顔負けの力を持ったがっちりとした女性であったという、報道とは全く異なる素顔が見えて来ました。

この事件の当時の報道内容は、弁護側(歌織受刑者)の主張を主に取り入れた内容で「幸せなセレブ生活を送っていたセレブ夫婦が夫のDVで妻が追い詰められ、窮鼠猫を噛むで反撃、撲殺、バラバラに解体してそこらに無造作に捨てた」という物でしたが、これはワイドショーが主婦受けを狙った見解を好んで絵使ったためかと思われます(か弱い女性へのDVイケナイ!けしからん!エリートセレブざまぁ!辺りの下衆な共通意識に訴えかけるため)。検察側は全く異なる見解を持っていまして、私は検察側の考えを主に支持しています。

とにかく殺害まで最後の2年程は状況証拠と、周囲の人間と歌織受刑者の証言しか無く、あの部屋の中で起きていた事の真実は、これらの証言を擦り合わせて誰が嘘を言っているのか、どこに矛盾があるのかを紐解いていく必要があります。

kaori05

彼女は1974年、団塊ジュニア、今では氷河期世代と呼ばれる世代として新潟で生まれました。父親は川口コピー工業という従業員二十名程度の零細企業の社長。体育会系バリバリの父親は脱サラしてバブル前に起業。相当なワンマンオラオラ系だったらしく、家庭内でも独善的かつ暴力的な存在で娘の歌織に体罰を度々幼い時から繰り返していたようです。一方母親はベタベタに娘を甘やかしており、じゃんけんのグーチョキパーの関係に近い共依存関係にある家族であったと推定されます。

kawaguchi

バブル時代は相当ブイブイ言わせていたらしく、蓮房議員の肩パッドのように尖った社屋や

kawaguchih

家も何か尖ったデザインでバブルチック。とは言えども豪邸という訳でもありません。精々小金持ちというレベルの生活であった事が覗えます。

彼女は県内で五本の指に入るレベルの公立女子校(ただし少数の男子も在籍)新潟中央高校を卒業した後、一浪して白百合女子大学に進学、本人は関西方面の大学に進学を希望していましたが、父親に高額の仕送りをエサに白百合女子大学への進学をゴリ押しされます。卒業後の進路も航空会社にCAとして就職と定められていた辺り、ハクを目一杯つけて玉の輿結婚を目論んでいたようです。

また、親は色白で切れ長の目の美貌と170cmもの上背のある歌織受刑者を着飾らせることには熱心だったらしく、高校時代からハンティングワールドのブランド物バッグをぶら下げていたりと「着飾らせておけば金持ちの目に止まってシンデレラ」という思考の人間であったことが覗えます。ただし、最初の写真に写った彼女の姿から伺えるように、同級生の証言によれば彼女は当時から何やら暗い陰を纏わせ、流行にも関心を寄せない孤独な変わり者であったようです。

そして、大学入学後東京に出て金も潤沢にあり、親の暴力や束縛からも開放された歌織受刑者は今までの鬱憤を晴らすがごとく遊びまわり、思うがまま自由を謳歌します。

しかし、行き過ぎた拘束からの反動は歌織受刑者を東京という街のドロドロの物欲の泥沼へ彼女を引きずり込みます。放蕩生活に金が足りなくなったのか、はたまた借金を重ねて風呂に沈められたのか、大学4年辺りから都内の老舗ソープランドでソープ嬢として働き始めます。

そこで、平成10年(1998年)ソープランドの客だったAと知り合い、愛人として落籍されて(借金肩代わり?)家賃16万5千円のマンションを与えられて囲われます。この関係は三橋祐輔被害者と結婚した約半年後(平成15年8月)に愛人のマンションを出るまで続きます。

このように素行が極めて悪かったのと、当時の就職氷河期の世相を反映してか、彼女は大学卒業後CAはおろか正社員にすらなれませんでした。結局派遣社員を転々と渡り歩く本職「愛人」副業「派遣社員」という生活を続ける事になります。

kaorin

一方三橋祐輔被害者は、北九州の高校では秀才として将来を期待されていましたが、受験に失敗し二浪した後に中央大学法学部に進学、法曹界への道を志しますが、東京で徐々に自堕落な生活に堕ちていき、チャラ男化して遊びまわり、麻雀や遊びにかまけてカンニングでかろうじて単位を取り、日頃の生活にも困窮するようになります。当時の彼女Hのアパートに転がり込んで面倒を見てもらったりと、最後はヒモにまで落ちぶれていきました。

司法試験にも当然失敗し、その後は一旦実家に戻って法律事務所のアルバイトをしつつ司法試験の再チャレンジに挑むも上手く行かず、結局再度東京に舞い戻って彼女Hとヒモ生活を再開します。

当時の二人の立場は「風俗嬢上がりの愛人兼派遣社員」「フリーターのヒモ男」とお世辞にもマトモとはいえない境遇でした。

この後の二人の終末までの行動や周囲の証言から読み取れる、各人の性格は以下のように分析できます。

 

三橋祐輔被害者

・高いプライド
・野心家
・知能は高い
・怠惰な面あり、要領で世渡りをする性質
・目標が定まると一転して努力家になる
・地味な仕事には興味が無い、一発逆転を常に狙う

・ホスト的な女たらし込みテクの持ち主
・面喰い+ステータス志向
・浮気症で節操がない

川口歌織受刑者

・極めて高いプライド。
・感情の起伏が激しく高い攻撃性。
・恨みは決して忘れず執拗に復讐を狙う粘着質な性格である。
・知能はかなり高い。
・「内向的」かつ「逃避」傾向が高い、表面上は社交的だが、それは 無意識下の巧みな演技で創りだしたペルソナ(表層人格)である。
・自分に「利」のある人の前では理性で攻撃性を封印。外面は良い。
・同性に対しては無意識下で「敵」とみなしており、遠慮せず感情をストレートにぶつけるため、同性の友人が少ない。
・人を測る物差しは「利用できる・できない」「ライバルか否か」のみ。
・激しい虚言癖あり、自分に有利な嘘の記憶を自在に作り出し、不利になる事実は意図的に記憶から抹消できる才能の持ち主。
・父親に受けた精神的外傷が物欲への渇望へと転嫁されている。
・他人のプライドや弱点をカミソリのように抉って切り裂く罵倒テクニックの持ち主。怒らせて相手に手を出させ、その旧悪をなじり続け相手を支配しようとする。
・女の若さ、外見が金に換金できる事をよく理解しており、自分を金やステータスに換金する事に無意識下で執着する。
・地味な仕事を極端に嫌う「自分が何でこんな事を」という意識を常に抱いている。楽に簡単に稼げるのが至上という職業意識。

 

これに加え、歌織受刑者の特質として私が強く感じたのは「父性への渇望」です。

娘への暴力と対話を拒否し続けた父親への憎しみが捩れて、自分を強く優しく守ってくれる父性を渇望しているのが彼女の深層心理下での欲求であるため、「頼れそうな男」を彼女は求め続けました。

しかし、家の中での自分の存在を拒絶・否定され続けてきた彼女は自分の心の中に他者との防壁を作り出し、その中に澱のように憎しみを貯め続けました。しかし、時折溜まりに溜まった憎しみが制御不能になり、マグマのように噴出するために、その度に激しい他者否定や攻撃的衝動となって周囲を傷つけます。

そしてこの攻撃行為により周囲から嫌われたり反撃を受けると更に防壁を高く構築し、更に深く恨みをその中に溜め込みます。結果どんどん周囲(特に同性)から孤立して狂暴化するという人格障害質なパーソナリティの完成となりました。

手っ取り早く強く守ってくれそうな言動をする男(ホスト・ヒモなどの軽薄で下半身の緩い白馬の騎士や王子様)というのは、本質的にこのような厄介なパーソナリティとは相反する物なのですが、これら傷を持った孤独なパーソナリティの女性は、周囲から嫌われながらも心のスキマを埋めてもらう事を渇望しているため、こういう輩から見ればスキだらけで搾取対象としてうってつけな訳で、彼女も今後この手の男に翻弄されることになります。

うちの母親も同じような小金持ち環境で育ち、金銭的には裕福だが親の圧力が激しく玉の輿狙いを強要されていたので、歌織受刑者と極めて似通ったパーソナリティを持っていると思われます。ただし、「迫害者」のポジションにいたのが父親ではなく母親であった事が父性への渇望を弱めたものと思われます。父親に対しては「暴力を振るう無能」という評価であった辺りが歌織受刑者との決定的な差(犯罪に走られたか否か)ではないかと思われます。

kaorin01

ここで、「エゴグラム」という手法を用いて、歌織受刑者と祐輔被害者のそれぞれのベースとなるパーソナリティを解析してみたいと思います。

エゴグラムは精神科医エリック・バーンの交流分析の技法を元に、弟子のジョン・M・デュセイが考案した性格診断法で、人の心を5つに分類し、その5つの自我状態をグラフ化したものです。

私の分析では、加害者・被害者両名ともCPとFCが非常に高く、ACとNPが低い傾向があるのが特徴です。

基本的に両名とも「俺・私様」な支配的なパーソナリティで、グイグイ押していくタイプ。感情の起伏も激しく抑えのきかないパーソナリティと分析しました。これは結婚前後の両者の無節操で享楽的な行動の数々と犯行直前に夫婦が金銭・精神的な両面から激しく主導権を握ろうと争っていたという証言から導き出した解です。

歌織受刑者のNPとACが低いのは犯罪への抑止が効かなかったパーソナリティを考慮しての判定。逆に祐輔被害者のCPとACを中程度に評価したのは、モルガン・スタンレーやそれ以前の不動産投資信託会社での彼の仕事ぶりと同僚の評価を考慮すると、少なくとも中程度以上の継続的な他者への配慮やコミニュケーション能力があったと思われるためです。

以上より、これらを元にどう二名のパーソナリティが激突を起こしていたのかをエゴグラムを突き合わせて分析してみました。

kaorin02

上図よりCPとFCが両者とも高いというのは男女関係で即結合+即崩壊するパターンの鉄板です。とにかく、この組み合わせはあらゆる意味で最悪と言えるでしょう。

それはともあれFCの高さでわ~っと盛り上がって結合、その後双方のCPの高さやACの低さため、お互いの欠点やFCによる尻軽不貞を容赦なく批判しあって即崩壊というのは判るのですが、この場合このパーソナリティの保持者同士の関係が崩壊状態のまま3年続いて泥仕合の挙句あの猟奇殺人事件で幕切れというのはあまりにも異様です。

次回は、即崩壊してしかるべき人間関係が、様々なマイナス方向の外的要因や怨念で結合されて最悪の状況になるまで引きずられた経緯を解説したいと思います。

渋谷エリートバラバラ殺人タガメ女の心の闇を分析してみた その1「挫折禁止違反」” への10件のコメント

  1. バブル世代としては、世紀末の徒花の散華が数年ズレ込んでおどろおどろしい結果になったものと思いますね。
    20世紀のうちにカラっと散っておけばここまで腐らなかったと思うんです。因習と怨念のイナカから上京してハジけたケーハク男とヂョシダイセーは20世紀末の東京にはいっぱい溢れてました。まぁこの二人はアキバ事件のような無関係な他者への攻撃を起こす前に関係者の内輪で激突して終わったので社会的にはマシなほうですね。

  2. 「社会的にはマシなほう」というのは、被害者の人数という面だけのことです。誤解のなきよう補足しました。

    • そーですねー何を持ってマシというかは人それぞれかと思いますが、この事件は事件の舞台となった賃貸マンションに壊滅的な被害を与えたという意味では中々のものかと思っています。
      あとは、殆ど何も関係ないのにとばっちり被害を受けた親族がこの場合加藤某がやらかした事件の倍いるというのも大きな差ですね。猟奇性という意味ではこちらの方が遥かに上ですし。

  3. ごめんなさい。
    被害者の方にきつい事を書きました
    今日のフジテレビで見てついかっとなりました。亡くなった方に対しては、失礼でした
    すいません。

    • ちさん、それは分からないですよ。
      私も今日のテレビ見てましたが、
      死人に口無し、真相は分からない気がしました。

      川口歌織受刑者のプライド高く、したたかな部分が
      気になりました。本当は、あの裁判内容とは真逆だったのでは?
      とすら思いましたね。
      友人や上司の話が本当なのでは。。。
      勝気でキャンキャンうるさく、束縛する川口受刑者についカッとなり
      暴力をふるってしまった、改善しない夫婦関係に嫌気がさし、
      別の人に愛情がいく→そんなことは川口かおりのプライドが許さない
      思い通りにならない、殺してやる!みたいな?
      もしくは、幼少期からの父親との関係が本当ならば
      ファザコン(本当は父親に甘えてみたかった)みたいなトラウマも
      曲がった愛情の要因となり、愛する故の殺害だったのかな、とも…

      しかも、殺す直前に、2時間も、夫の顔を眺めてられるでしょうか。
      いくらなんでも、冷静になってしまうと思うんですよ。
      カッとなって勢いで殺害してしまうとかなら
      まだわかるんですが、嘘でしょ?ってのが
      私の見解でしたね。だから、真実はますます分からないし

      何も反論できない夫、その遺族に同情もしました。

      • 死人に口なしとは良く言ったもので・・・
        私個人の見解としましては、周囲の全てを憎んで呪っていた妻が自爆リセットボタンをポチっと確信犯的に押しただけかと思いますよ。

        私の住まいには外資系勤務の方が結構いらっしゃいますが、独特の危うさと空気を持っていますね。特に地方出身者同士のイケメン美女子無しカップルはもう・・・ええ。

  4. へー、外資系企業には、「独特の危ういオーラ」が漂う人が多いんですか。

    だから、更にこの事件が余計、猟奇的に見えるのかも知れませんね。

    一方、あ、エラーに拠ると、件のマンション、住人をパチンコの全台入れ替えの如く転居させ、、事件前には遠くに住んでいた人ばかり入居させたらしいですよ。

    最後に、此処まで大人気ないバカオンナを育ててしまった親族は、自業自得だと思います。

    • 外資系で生き残っている人は何ともアレな方が多いですね。
      ヘッジファンド>外資系金融・証券>外資系IT>国内金融・証券系>その他って感じでしょうか。
      個人的な偏見混じりの見解で言わせて頂くなら金融や証券系は倫理観が全般的にアレな方が多いように見受けられます。

  5. ピンバック: 渋谷エリートバラバラ殺人タガメ女の心の闇を分析してみた その1「挫折禁止違反」 | 膝と相談させてください | こんぺいとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)