私的民法講座 その2-1「自然人(前半)」

自然人とは、

naked01

こういうのや

gunma-

こういう自然と一体化した人たちを指すわけではなく

star

実在する生きた人間の事を指します。会社のように概念的に人格が定義されたものは「法人」と呼ばれます。

自然人は民法的には以下の4つの能力を持つとみなされています。

続きを読む

私的民法講座 その1「民法総論」

行政書士の勉強のための個人メモなので一般記事とは異なりますが、参考まで。

とりあえず民法の部分についてゆるーく自分なりの解釈をしていくスタンスで書いていく予定です。

 

1.民法とは「売買、賃貸権、結婚、相続など日常生活の生臭い契約やトラブル全般を取り扱う法律」である。

2.民法の代表的な法源(存在形式)は民法典(体系的に編成された民法の成文法の集成)であるが、慣習や条理(社会通念,公序良俗および信義誠実の原則などの所謂常識的な理念)も含まれる。

在日某国人の方々が色々やらかすのは、規範意識や法順守意識の低さもありますが、慣習や条理が異なっている点も原因の一つであります。例えば家族や親友を守る事は法を守ることより尊いう価値観や、騙す事が悪という概念が無かったりとか・・・学生時代6年間奴らと一緒に暮らしてその辺りはよーく理解出来ました。

続きを読む