年収可視化マップ

強い「東京都」ブランド、郊外に集中する大阪

という「リッチマンの住む街、プアマンの住む街」という同しようもない副題の付いたシリーズでこんなマップが載っていました。

青が貧困、赤が富裕層、白が中間層って区分です。

続きを読む

「銀行は金貸さないで何を商売するのか」「手数料だけで生きているのではなくリスクも」「企業は法人税下げろと言って、下げたら内部留保を増やすのか」

麻生太郎財務相兼金融担当相は4日、東京都内で開かれた全国銀行協会や信託協会で相次いで挨拶し、金融機関をはじめとする企業の姿勢を大いに批判した。新年早々に飛び出した“麻生節”の詳細は以下の通り。

「今一番の問題は、銀行が金を貸さなくて何を商売するんですかという話だ。皆さんのところに届いているかどうかは知りませんが、私どもは地元を歩いているとそういう声をよく聞くようになっている。少なくとも目利きがいなくなっているんじゃないか」

→銀行の行動原理が「どうやってお金を回して産業を育成するか」から「どれだけ社会に迷惑をかけようが絶対に元本利息を回収してやる」に目的が入れ替わっていますからね。バブル以降の不良債権処理を通じて銀行が機能しなくなっているのが問題の根源かと。今の銀行はまさに「ベニスの商人」ですし。

 「われわれもいろんな言葉でしつこく言っているんですが、企業も稼ぎながら内部留保をためている。デフレの時代はモノの値段が下がるから、持っていればカネの値打ちがあがるんだけど、今は違うんだから。その金を設備投資に回すか、賃金を上げるか、何かしてもらわないと、そのまま内部留保が増えるだけ増える」

→企業も投資を徹底的に回避していますからね。理由は「責任を取りたくない」という茶坊主上がりの連中が頭を取り仕切っているからです。

なんのために、そして『税金は安くしてくれ』と言う。法人税を下げて、その税金をどこに使うんですか。また内部留保ですか。そういった話は金融の方もぜひパートナーとして、企業との間でコミュニケーションをさらに良くしてもらうということが大事なので、コーポレートガバナンス・コード(企業統治原則)だとか、スチュワードシップ・コード(機関投資家の行動指針)だとか、いろんな話をやらせていただいてます。これを単に口で言うだけでなく、実行に移していかなければならないと金融庁としても考えているというのが正直なところ。私どもとして、手数料だけで生きているのではなくて、リスクを取ってやるというところに銀行の目が向かないと、企業というのはなかなかうまくいかない

→これも経営者が株主総会やIR情報で良い数値を出す事しか考えていないからです。

「企業の収益は最高を記録しておりまして、その稼いだカネがどこに行っているか。通常ですと配当か賃金か、設備投資の3つに回るのが基本ですが、3年間で総額75兆円の内部留保がたまって、給与に回ったのが3兆円。これだけ設備が老朽化していて、金利がただ同然の時代にどうして進まないのか知りませんが設備投資が8兆円。残りはじーっと持っておられる。何のために。私どものとこに来られて『税金を下げてほしい』と言われる。下げてどうするんですか、また内部留保を増やすんですか」

→これは固定資産の管理や税制が複雑過ぎるのも原因かと思いますぜ。あとクソ高い電力料金や環境投資などのコスト上積みも腰が重くなる原因でしょう。

「『おかしい』と思って新聞記者がどうしてたたかないのかね。おれは知りたいよ。(企業に)直接聞くと、『いやデフレが』と言い訳だけはちゃんと練習しておられる。しもべにはそう見えるな。そこのところはもう1回考えてみないといけないのではないんじゃないですかね」

→この話を読んで聖書の「タラントのたとえ」を思い出しました。

続きを読む

与沢パイセン 30年足チャート攻略法で株長者になる

30

さて、与沢パイセンの自称デイトレードなのですが・・・SBI証券のチャートをモニタ一つで見ながらトレード。凄いな、4面モニター位がデイトレーダーのデフォ装備だと思っていたのですが、格が違う。 :mrgreen:

という突っ込みが多方面から飛んできてクソミソに叩かれていた与沢パイセン、以前からつるんでいるSPAで大本営発表。

yozawa

今、与沢翼氏が家賃200万円のシンガポール最高級レジデンスに住んでいるということは既報(http://nikkan-spa.jp/837913)のとおり。また、「与沢は借金を抱えていたんじゃないの?」「会社を倒産させたんだだろ」「本当にお金持ってたの?」「計画倒産して海外に逃げた」といった世間の疑惑や誤解についても説明している。

 では、なぜ家賃200万円の部屋に住み、高級家具を買うような贅沢ができるのだろうか? それは、アフィリエイト収入を含むネットの広告売上や、企業のPR、講演などの各種出演料、そして株式投資とカジノなどで毎月1500万円以上得ているからだという。ちなみに、直近の4月は一人で4000万円稼いだという。収入のなかでも与沢氏が特に力を入れているのが株式投資で、毎日16時間、投資の勉強をしているそうだ。

続きを読む