原価率研究所を調べようとググった結果

新潟発の「200円カレー」でTVで色々取り上げられた「原価率研究所」が2016年1月に東京に殴り込んできたのが、一年経って今どうなっているのか調べてみたのですが、竹の塚店は未だ結構流行っているようです。

まあ、竹ノ塚ですしねぇ・・・

開店時間は11時から20時で、内装は居抜きのままみたいな感じで、椅子机はパイプ製の安物、店員は安心のワンオペ。

メニューは以下4品

「カレー」(200円)

「チーズカレー」(300円)

「鍋カレー」(150円)←容器持参でルゥのみの販売

「ペットボトル入りの水」(100円)←お冷は出さない

味はふつーの模様、ボリュームは600gもあって竹ノ塚のドカチンさん達も大満足とか。鳶や土建屋さんの下っ端が昼食用に10個単位で買っていくらしいですぜ。

「200円カレー」東京上陸、安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

続きを読む

ネイティブ東京人から見た大阪の構造的欠陥を語ってみる

「#大阪人が東京住みづらいって言う理由」が、大阪人にはあるあるすぎる

という記事を読みまして、4世代目のネイティブ東京人視点から大阪の問題点や構造的欠陥を考察してみました。

1.うどんの出汁が真っ黒で許せん

どん兵衛がよく槍玉に挙げられていますが、別に関西バージョンを通販で買えばいいのでは・・・それに讃岐や関西風うどん出す店なんて関東にはいくらでもありますし。

気に食わないなら関東バージョンのどん兵衛にヒガシマルのスープや創味の京風だしを入れればいいのではと思うのは私だけでしょうかね?お揚げのサイズも東バージョンは大きいですし、多分そちらの方がお得感ありますよ!

2.物価が高い、値切りに応じてくれない

続きを読む

フードサービス業界の超絶ホワイト企業「富士そば」

富士そばの会長の丹道夫氏の経営方針があまりにもホワイトだと話題になっていたので紹介させて頂きます。

まずは、このゆるーいインタビューを御覧下さい(一部抜粋)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00075095-playboyz-soci

―富士そばは1972年に24時間営業を導入したんですよね。セブン-イレブンよりも早かった。

丹 僕が上京したての頃は泊まるお金がなくて、そば屋に入ったのね。店のTVで力道山やシャープ兄弟の試合を見て時間を潰してたんだけど、店のばあさんから「お兄ちゃん、もうそろそろ閉めるから出て行ってちょうだい」って言われて、上野のベンチで寝るわけ。あの時は寂しかったねー。

この間、僕はね、女房が出かけて帰りが遅かった日に、早く帰ってもつまらないから、ひとりで立ち食いそばを食べたの。そしたら昔のことを思い出してね、なんか涙が出ちゃって。寂しいのが一番嫌なんだよね。

―そんな想いもあって、24時間営業に?

丹 そう。今でも24時間やっていると、随分そういう人が来るんだよ。この間も男のコがスーパーで買ってきたおかずを隅で食べてたの。かわいそうだから、従業員に「熱いスープを丼一杯持ってってやりなさい」と言ったら、喜んで食べてたね。やっぱり東京は地方から出てきた人が多いから、家賃を払うのに精一杯な人も少なくないでしょ。

―お店的には、あんまり長居されても困りますよね?

丹 困るは困るけど、「出てってください」とは絶対に言わない。お互い様だから。従業員にも「冷たくしちゃダメ」と言ってるよ。いつかまたね、いいお客になるんだから。

続きを読む

車内の化粧は誰に迷惑なのか?

色々紛糾している東急電鉄のマナー啓発広告について思ったことが色々あったので書いてみます。

車内の化粧は誰に迷惑なのか?

 電車内で化粧をする女性を「みっともない」という言葉で切って捨てるマナー広告が物議を醸している。

 現物を見てみよう。
 炎上しているブツは、リンク先のページ(私の東急線通学日記)の上から4番目、「車内化粧篇」だ。

 リンク先には、駅貼りポスターと、動画バージョン(マナーダンス篇)が掲載されている。

 ポスター版では、上半分に頬杖をついて車両内を観察する主人公の女の子、下半分に電車の座席に座って鏡に向かってアイメイクをしている女性の写真を配置している。

 キャッチコピーは、手書き文字でこう書かれている。
 「都会の女はみんなキレイだ。」
 「でも時々、みっともないんだ。」
 動画版は、車両の向かい側の座席で化粧をする女性たちを見て、顔をしかめて
 「みっともな!」
 とつぶやいた(「吐き捨てた」と言った方が正確でしょうね)主人公の女の子が、突然メイクアップ中の女性たちに向かって「マナーダンス」という攻撃的な振り付けのダンスを踊り出すプロットだ。

 ダンスのBGMで流れる音楽には歌詞がついている。内容は
 「教養ないないないなーい。みっともないないないなーい」
 と、化粧する女性を断罪するコーラスだ。

 この広告を見て、ツイッター上には、かなりの数の女性が反発のコメントを書き込んでいる。

 「ポスターの中で化粧をしている女性は、隣に誰も座っていない空いた車両でメイクをしているんだけど、いったい誰に迷惑をかけているわけ?」
 「女性だけに『たしなみ』を求める姿勢がなんかいけ好かない」
 「こういうマナー広告って、新手の嫁いびりよね」

 なるほど。
 私個人も、この広告の押し付けがましさには、ちょっとあきれた。

 ちなみに、車両内で化粧をすることの是非そのものについては、一概には言えないと思っている。
 迷惑な場合もあるし、迷惑に感じないケースもある。
 同じメイク作業でも、迷惑を感じる人もあれば、まったく気にしない人もいるはずだ。

 実際には、車両がどの程度の混雑度なのかによって、化粧から受ける感じはかなり違う。また、化粧とひとくちにいっても、口紅を塗り直す程度の最低限の化粧直しもあれば、下地から塗り上げにかかる本格的な建築工程もある。どの状況でどういうメイクをするのかによって、判断は分かれる。

>うーん・・・別に口紅を軽く塗り直す位なら何とも思いませんが、満員電車でファンデーションをパタパタやられたり、マスカラをつけていると周りの人に迷惑をかけることになります。なぜなら電車がポイント通過やブレーキで激しく揺れてよろめいてカバンや膝が当たったらキレられかねませんし、服を汚される恐れがあるので化粧している女性の前には立ちたくないです。横に座っている人にもマスカラの粉やら何やらが飛んで服を汚しかねませんし。今まで一番ひどかったのはマニキュアを車内でする女性、臭くて最悪でした。 :-D

>とりあえず、周りの人を汚したり臭いをばらまく恐れがある以上、化粧を満員電車でやるのは周囲にとって迷惑に違いありません。電車を降りてから化粧室でやればいい話ですし、緊急出勤などで止むを得ずというのならともかく、寝坊してギリギリだからなど自身の都合でしているというのであればただの空気の読めないワガママでしょう。

(中略)

続きを読む

Karōshi Death(過労死デス) その1「過労が発生するメカニズム」

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1610/18/news019.html

最近、日本では過労死の問題が大きな話題になっている。

電通に勤めていた女性社員が過労で自殺したニュースや、長時間勤務で死亡したフィリピン人男性のケースが過労死と認定された話などが大きく報じられてさまざまな議論を生んでいる。ちなみに2015年、過労死で労災認定されたのは96人にもなり、未遂も含む過労自殺は93人が労災認定されている。

10月7日、日本政府は「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。2014年に施行された過労死等防止対策推進法を受けて、厚生労働省は日本の企業や労働者に対する大規模な調査を行なって白書にまとめている。「過労死」の労災認定の目安となる月80時間を超えた残業をする正社員がいる企業は22.7%に達していることや、正社員の36.9%が高いストレスを抱えていることが判明した。

今さらだが、この状況は世界的に見ると普通ではない。

過労死などが声高に叫ばれるようになった80年代から、日本の過酷な労働状況は世界でたびたび報じられ、外国人の目に奇妙に映っている。また経済大国である日本は実のところ「生産性が悪いのではないか」との指摘まで出ている。外国のメディアで報じられている報道から、日本の労働環境について見てみたい。

(中略)

そもそも過労死が起きるような企業って

・労働集約型(サービス)産業

・価格競争が激しいレッドオーシャン業界内の住人

・業界内での特殊性に欠け、サービス付加価値が低い

・外部環境に振り回されやすく、安定性に欠ける

・単価が安くて利益率が低い上、在庫リスクや経費、固定費が高い業態

・お客様至上主義という名の無制限青天井サービスを原則or至上としている

・体育会系で理性より根性が重んじられる

電通なんかほぼ全てに該当しますね。労働集約型産業、レッドオーシャン、景気に振り回される広告産業、接待費などの高額経費、客のいいなりで超体育会系な体質など。利益率以外全部該当と言っていいでしょう。

ブラック業界のもう一つの代表格、外食産業は全部当てはまりますね。ワタミや日本海庄やが色々やらかしているのも条件を外食産業の中で強く満たしているからです。

01

続きを読む