しゃも の紹介

東京の高輪台付近に生息しているただのエンジニアです。 料理からアウトドアから書評や技術論文の翻訳まで色々やっております。 ネタ持ち込み歓迎でございます。

民間防衛(日本版) 後編

さて、後編も行ってみましょう。

レジスタンス(抵抗運動)
国際法
占領された国の国民の保護と権利
抵抗運動における戦いの戦略と戦術
消極的抵抗
違法な占領政策に対してとるべき行動
積極的抵抗
裏切者に対する戦い
スパイ
敵を消耗させよ
怠業、破壊行為
人民解放軍に対する公然たる露い
解放

すべての国の国民は、その願望、伝統および信条に従って自決の権利を有する。諸国は国際連合憲章の中でこの権利を正式に認めた。したがって、すべての国民は、外国の暴力行為に対しては、抵抗する権利を有する。どの国民も、もし、自由への固い決意に燃え、正当な手段を用いて侵略者に抵抗するならば、いつまでも抑圧され続けることはありえない。

続きを読む

民間防衛(日本版) 中篇

※本記事中に記載されている生姜教授、八宝菜党首は実在の人物と何ら関係ありません。また、パヨパヨ党やサヨサヨ党という架空団体は現実の団体と何ら関係ありません。

戦争

爆撃!
民間防災組織は活動を始める。
すべての地方を要塞とするよう準備せよ。
規律を守れ。
戦時国際法の適用を主張する。
強い抵抗の意志を持て。
宣伝のワナにかからぬよう注恵せよ。
最初の衝撃に抵抗することが最も大切である。戦え!
やがては勝つ。

続きを読む

民間防衛(日本版) 前篇

さて、今回はスイス政府が国民に配布している「民間防衛」を日本バージョンに改変したものを作りました。

といっても全部ではなくて、スイスと架空の周辺国のドロドロの戦争を想定したシミュレーションストーリの部分だけです。

スイスは海なし国なので、日本とも環境的にかなり事情が異なるという点もありそこは全面的に作り直しました。なお、日本の場合はドイツに相当する国が周辺国に喧嘩を売って回るというシナリオのように読めますが、日本の場合は「中華人民共和国」をこれに置き換えてシナリオを作成しました。

周辺国も実在の国家を使っていますが、韓国と北朝鮮が分断した状態だとややこしい事になるので「統一朝鮮」という南北が合体した架空の連邦国家を用意しました。また、台湾は独立姿勢を貫き、アメリカと強固な同盟関係にあり、中華人民共和国と対決姿勢を深めているという立場に改変しました。

日本は永世中立国としてアメリカ、ロシア、中国どちらにも与しない中立国家として鉄の意志で中立を墨守する立場という想定となっております。

また、日本国憲法の法体系もスイスと類似した物に改正されているという前提となっております。

それでは本編開始です。

続きを読む

殺すぐらいなら殺されようホトトギス

こんな絵を拾ってきて非常にイラッとしたので毒を吐いてみます。

何主張しようが勝手ですが、あまりにも現実と乖離した主張だったので一言。

統治主権や領域主権は放棄ですか、ああそうですか、つまり国家主権を放棄しろって事ですか?どこのアナーキストか他国の手先ですかね?

解釈次第ではガンジー流非暴力抵抗運動を志向されているようにも見えますが、これって「自分が殺される覚悟で殺意満点の相手と向き合う」という物凄い度胸と覚悟のいる抵抗方法ですよ。

戦車で民衆を平然と轢き殺すような連中相手に「自分の体がミンチにされようが、その非道ぶりを世界に知らしめれば目的を達せる」というお覚悟をお持ちなんでしょうかね?

あとよくパヨクさんが主張している「スイスみたいになろう!」という意見についてなのですが、

続きを読む

年収可視化マップ

強い「東京都」ブランド、郊外に集中する大阪

という「リッチマンの住む街、プアマンの住む街」という同しようもない副題の付いたシリーズでこんなマップが載っていました。

青が貧困、赤が富裕層、白が中間層って区分です。

続きを読む

原価率研究所を調べようとググった結果

新潟発の「200円カレー」でTVで色々取り上げられた「原価率研究所」が2016年1月に東京に殴り込んできたのが、一年経って今どうなっているのか調べてみたのですが、竹の塚店は未だ結構流行っているようです。

まあ、竹ノ塚ですしねぇ・・・

開店時間は11時から20時で、内装は居抜きのままみたいな感じで、椅子机はパイプ製の安物、店員は安心のワンオペ。

メニューは以下4品

「カレー」(200円)

「チーズカレー」(300円)

「鍋カレー」(150円)←容器持参でルゥのみの販売

「ペットボトル入りの水」(100円)←お冷は出さない

味はふつーの模様、ボリュームは600gもあって竹ノ塚のドカチンさん達も大満足とか。鳶や土建屋さんの下っ端が昼食用に10個単位で買っていくらしいですぜ。

「200円カレー」東京上陸、安すぎるけど味はウマいのか確かめてみた

続きを読む

大阪民国の犯罪事情を調査して戦慄した件について

最近、在日犯罪や特権云々に関しての調査をしているのですが、調べれば調べるほど在日が悪いだの何だのという批判が的外れなのではないかという事に気づき、大阪民国で起きた凶悪事件(尼崎連続変死事件附属池田小事件)を調査しました。

その結果、関西の古都(京都・奈良・大阪)を覆うどうしようもない空気やスラム街的な価値観が根底にあることに気づき、心底戦慄しました。

いや、ここ数年の調査テーマの中で一番おぞましいです。コレ。 :cry:

で、今回のテーマの鍵となる言葉がコレです。

「ネポティズム」

続きを読む

自分の脳内イメージだけで首都圏マップを作ってみた

自分の脳内にある偏見に満ちたイメージだけでマップを作成しました。

緑は外人居住地、赤はDQNの原産地や危険地帯、オレンジは自分の脳内イメージです。

大体東京で凶悪なのは、地方民ではなく(地方民は優秀な人が多い)関東近郊のヤンキー文化圏のDQNが流入して色々やらかしたりスラム地帯を形成している街です。

大体チバラキと相模、八王子、埼玉がDQNの一大産地でして、チバラキ族は常磐線経由で松戸や東京東部の下町圏に流入、相模や八王子は中央線や小田急線で新宿へ流入、サイタマラリア族は東武線や西武線で池袋に流入という流れです。

 

もっと詳細なバージョンも作ってもいいかな~何せネタのある土地が多すぎですから。